上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3.青森エネルギー紀行(14)「トントゥビレッジ」
               森 治文(朝日新聞青森総局次長)

 すでにご存じの方も多いと思うが、青森県にまた1つ、原発ができる。東京
電力東通原子力発電所1号機である。改良型沸騰水型軽水炉で出力は138万
5千キロワットと国内でも最大級。1月25日に工事の認可が出て着工(実質
的な工事は雪がなくなって以降)、2017年の3月の運転開始を予定している。
ここにはさらに同じ規模の2号機を2014年度以降に建設する計画もある。
 東通村はまさかりの形をした下北半島のうち、刃と接する柄の部分にあたる。
その名が示すように下北半島へ向かう「東通り」で、南側に隣接するのが六ヶ
所村。東通村ではすでに東京電力の敷地から隣接した南側に東北電力の東通原
発が2005年から稼働しており、こちらも1号機のみで2号機は予定だけだ
が、異なる電力会社の原発がこれだけ近くに位置しているのはほかに聞いたこ
とがない。両社は村内に設けた原発PR施設も共同運営する。その名は村名を
音読みして「トントゥビレッジ」と言う。
 今回の着工は、東京電力の原発としては33年ぶりという。村の議会が原発
誘致を決議したのが1965年。その5年後、東京電力、東北電力は原発の共
同開発を発表した。それ以来半世紀近くを要した。
 高度成長時代を終えて電力需要は伸び悩み、ましてや東京電力にとっての供
給地からは最も遠い立地条件。そしてそこにふってわいたのが、2006年の
設置許可申請後に近くで見つかった活断層の存在だった。その安全審査の結果、
国は「原発の耐震安全性に問題ない」との結論を出したが、当初の2004年
度運転開始との計画から13年遅れることになった。
 ようやく設置許可が出た昨年12月24日、越善靖夫村長は「安全審査に長
期間を要したことによる村への影響は計り知れない」と、しびれを切らしたか
のような不満を漏らした。
 いらだちの背景は「カネ」だろう。原発で生きていくと決めた村は、先に稼
働した東北電力原発の固定資産税収入が約43億円もあった2006年度から
普通交付税の不交付団体となったが、減価償却が進み、それが25億円まで落
ち込んだ2010年度から交付団体に転落。今後、東京電力1号機、東北電力
2号機、東京電力2号機と計画が進まないと、財源が確保できないという危機
感がそう言わせたのだろう。
 昨年、秋晴れの一日に人口7千余人という村内をドライブした。面積300
平方キロメートルを南北に貫く国道をはじめ、ほとんどの道路がきれいに舗装
され、なだらかな丘陵地のアップダウンは実に快適だった。ただ、商店などは
ほとんど見えず、にぎわいを創出するような施設もなかった。原発をのぞけば、
牧畜業と漁業が主な産業という土地。その中にあって近代的な建物として目を
引いたのは、役場とその近くにある学校の真新しさだ。
 もともと、いくつも集落が集まって形成され、核となる場所がなかった村は
1988年まで役場を、どの集落からも比較的行きやすい隣のむつ市に置いて
いた。その後、道路が整備され、人工的に「中心地」が作られてきた経緯があ
る。だからなのか、役場も何となく周囲の風景に溶け込んでいない感じを受け
た。一方、近くの学校は村内に以前あった小学校、中学校をすべて統合した「1
村1小中学校」。遠くの児童・生徒は全員スクールバスで送り迎えし、校舎には
電気床暖房。これらの事業にかかったお金は電源立地地域対策交付金でまかな
われたという。
 村づくり、村に中心地を作ろうという意気込みは伝わってくる。そのお金の
ために、原発はなくてはならない、もっと作ってもらわなければという考えに
村が囚われていると感じる。だが、「安全審査に長期間を要したことの村への影
響は計り知れない」という発言は、安全審査を軽んじていると聞こえる。まる
で、日常の買い物で「多少の傷物でも良いから早く欲しい」と言っているよう
な「軽さ」だ。
 原発の是非論は別にしても、村民の安全に責任を負う村長の発言としてはい
ただけない。活断層のようなリスクが生じれば、そのリスク評価に時間をかけ
るのは当たり前。それよりも、なお「カネ」が大事なのだろうか。
 この村長、2007年には、原発のごみの最終処分地選定問題について、
(高レベル放射性)廃棄物は原発のある町村から出てくる。将来を考えれば、
議論を先送りするのはいかがなものか」として、こうした町村が「誘致の議論
をリードすべき」と報道機関に述べ、誘致に前向きとも取れる発言をしている。
 原発立地村としての責任を感じての言葉なのか、それともカネも絡むのか、
一度聞いてみたい気がする。

                   森 治文(朝日新聞青森総局次長)
3.上関原発の建設中止へ、いよいよ正念場のとき
                       竹村英明(ISEP顧問)

 山口県の上関原発をめぐる動きが激しくなっている。昨年山口県知事が建設
予定地の埋め立て許可を出してから、現地の緊迫の度合いは高くなった。そし
て今年11月、名古屋で生物多様性条約の第10回締約国会議(COP10)
が開かれている最中に、中国電力が埋め立て工事のための台船を現地に入れた
ことで、緊張はピークに達した。
 建設予定地である上関半島先端の田ノ浦は、瀬戸内海に残された貴重な生物
多様性の宝庫である。その宝庫をCOP10の真っ最中に破壊しようという大
胆な行動に中国電力は出た。それに対し多くの人が反応した。COP10に集
まっていた各国NPOにこの暴挙は一気に伝わったし、広河隆一さんの呼びか
けで160人を超えるジャーナリスト・言論文化人が埋め立て中止を求める緊
急声明を上げた。写真家の中村征夫氏や映画監督の山田洋次氏など、著名な方々
も名を連ねている。
 田ノ浦現地では祝島の漁師さんたちを中心にした24時間体制の抗議行動が
続けられ、緊張が一気に高まったときに、中国電力がチャーターした台船3隻
のうち1隻が座礁、結果的に埋め立て工事は中止された。この原因は抗議活動
によるものではなく、単なるケアレスミスである。
 六ヶ所村の再処理工場、福井県のもんじゅ、東海地震の震源地にある浜岡原
発など人々の注目を集めている施設に比べて、瀬戸内海に新規立地されようと
している上関原発への注目度は低かった。しかし、既存原発の敷地内ではない
新たな地点への立地という点では十数年ぶりのことになる。28年の間、設置を
止めて来たこの原発建設が中止となれば、新規立地は日本では不可能という大
きな流れが定着するだろう。
 そんな上関原発を止めるために、遠く離れた首都圏でも多くの人に知らせ、
政策決定権者である国会議員に知らせようという活動がはじまっている。11
月25日には、ジャーナリスト・言論文化人の声明を国会議員に伝える報告集
会が開かれ、国会関係者以外に約90名が集まった。この集会にはISEPも
共催し、ちょうどドイツから来日していたルッツ・メッツ博士の講演も行った。
上関原発を止めようと集まった皆さんに「ドイツの元気」を配れたのではない
かと思う。
 11月27日には「上関原発どうするネット」主催の「祝島のこころみ-原
発反対から、海とともに生きる自立した島へ-」が、東京新宿で開催された。
少しずつ、静かに、上関原発を止めようという人々のうねりがはじまっている。
私たちは急坂の峠道にさしかかっているのだろう。苦しいが、胸突き八丁の坂
を越えると大きな空が広がっている。そのためには、もっともっと多くの人に
「上関(かみのせき)」と「祝島(いわいしま)」を知ってもらう努力をしたい。

 建設予定地の貴重な自然については、下記の「上関原発どうするネット」の
ページを覗いていただきたい。11月27日の山下博由さん(日本生態学会)
の話が聞ける。
http://www.ustream.tv/channel/dousuru-net

                       竹村英明(ISEP顧問)
3.青森エネルギー紀行(8)「W杯と津軽半島で感じたこと」
                     森治文(朝日新聞青森総局次長)

 いきなり私事で恐縮だが、6月後半から7月にかけて、やたらとせわしない。
参議院選挙の報道が本格化し、また、弊紙主催の高校野球地方大会の準備も並
行して進めるのは業務だから致し方ないとして、もう一つ、サッカー狂として
は4年に1度のW杯(ワールドカップ)がおのれの首を絞めている。
 開催国の南アフリカとは時差7時間。1日の仕事が片づくころから試合が始
まり、好ゲームとなれば、夜中に起き出し、未明のテレビ中継に釘付けという
ことにもなってしまう。あ~やれやれ。困った「趣味」だが、テレビを長時間
見続けているうちに、ピッチを囲むスポンサー企業の広告でソニーやコカコー
ラなどと並んで、あまり見慣れない名称を見つけた。Yingliとある。
 どんな企業かと調べてみたら、「英利」という中国の太陽光発電メーカーだっ
た。そう言えば4年前のW杯は開催国がドイツだっただけに、「環境にやさしい
イベント」を売りに、「カーボンオフセット」が大はやりだった。日本が試合を
したカイザースラウンテルンのスタジアムの屋根も太陽光パネルで覆われ、会
場の電気をまかなっていた。その太陽光発電のメーカーが実は英利だった。そ
れから4年、大枚をはたいてW杯大会の公式スポンサーにまで成長したことに、
世界の潮流がうかがえる。
 さて、青森である。先日、青森市内から約2時間、津軽半島の先端、竜飛崎
まで文字通り車を飛ばした。その日は恐ろしく風がなく、先を急ぐ国道の右手
に見える陸奥湾は波もほとんど静かで鏡のよう。竜飛崎も「べた凪」状態の絶
好の観光日和だった。
 しかし、平均風速毎秒8メートル、竜も飛ばされるというその地には「竜飛
崎ウインドパーク」という風車群がかつてあった。先端から数百メートル離れ
た山中に東北電力が92年以降、11基を立てて実証実験に使った場所のこと
である。つまりは、それぐらい実は風況に恵まれた地でもあるということだ。
しかし今では実験の役目を終えたということですべて撤去され、これとは別に、
「ホテル竜飛」という突端にある観光ホテルが、ホテルで使う電気の一部を相
殺するかのように03年から稼働させた750キロワットの風車1基だけがぽ
つんと孤立するだけだ。
 下北半島に林立する風車とくらべて、風では見劣りしないのに寂しい限りな
のだが、ようやく新たな胎動の芽が出始めた。地元の外ケ浜町が出資した第三
セクター「津軽半島エコエネ」による風車が2基立つのだ。ホテル竜飛の風車
のすぐそばにあり、この地を訪れた先日は来年2月の稼働めざして、土地を平
らにならすためのショベルカーがあった。
 青森にとって風力発電を専業にする地場産業の誕生である。2基で計
3350キロワットの出力があり、計画している年間発電量は1216万キロ
ワット時。13年で初期投資を回収する算段という。
 中央の大手風力発電事業者が進出してきても地元に落ちるカネは固定資産税
と土地の賃貸料ぐらい。そうした地位に甘んじてきた青森がようやく「目覚め
た」。以前からこのコラムでも繰り返してきたように、自らの資源を有効活用す
る取り組みはもっともっと広がるべきだと思う。
 ただ、この「地場産業」もウインドパークであった変電設備などを譲渡する
契約を東北電力と結び、また、同電力に発電価値はすべて買ってもらうという
前提があってこそ、成立した。こうした「特約」抜きには現行制度では、拡大
はおいそれとはいかないだろう。
 世界のビッグイベントのスポンサーに新興国の太陽光発電メーカーが名乗り
出るという地球規模の流れと、日本の最も風況に恵まれた地域で風力の地場産
業が産声を上げたばかりという、この「落差」。竜飛崎に風車が林立するのを見
る日はいつのことだろう。
 
 ところで、六ヶ所村の再処理工場について書いた前回のこの欄で、高レベル
放射性廃液の入った炉内に天井からはがれ落ちたれんが片を回収する作業が困
難を極めており、その様子をまるで目をつぶった「UFOキャッチャーゲーム」
に例え、「廃炉」にもつながりかねない危機と指摘した。が、その後、メルマガ
発行後の6月17日に無事回収されたと日本原燃が発表した。れんがを取り出
す器具の改良を重ね、回収に成功した方々の努力には素直に敬意を表したいと
思う。
 ただ、れんが片の回収はいわば、核燃サイクルの「ゴール」を考えれば、自
らのミスでボールを相手に奪われ、あわや失点という場面を何とかクリアした
に過ぎない。ミスを重ねての防戦一方でシュートを許さないのは「健闘」かも
しれないが、今の戦いぶりでは得点はまだ遠いという状況に変わりはないとい
う気がする。

                     森治文(朝日新聞青森総局次長)
6.映画「ミツバチの羽音と地球の回転」
       ─上関原発に反対する祝島の人々が気づかせる本当の幸せ
                       竹村英明(ISEP顧問)

・「ハート形」の島
 「ミツバチの羽音と地球の回転」は、瀬戸内海の西、山口県の南端に中国電力
が建設を予定している上関原発と、それが破壊する貴重な自然、生態系、漁業、
そして原発建設に反対する人々の暮らしをそのまま取材したドキュメンタリー
である。
 建設予定地は瀬戸内海の生態系がほぼここだけ残されているホットスポット。
魚介類、海藻、昆虫そして植物も絶滅危惧種のオンパレード。スナメリの貴重
な生息域でもある。沖縄の普天間基地移設が予定される辺野古のジュゴンと共
に上関・長島の海のスナメリも、日本の自然にこれ以上人間が手を入れぬよう、
静かに主張している。
 予定地の対岸には小さな島がある。空から見るとハート形のその島は「祝島」
というめでたい名前をしている。漁業と農業だけで生きている島である。周辺
の海は魚介類が豊富で、島はその加工品を全国に配送している。島の漁協は漁
業権を売っていない。5億4000万円という漁業保証金も突き返し、漁場を
守ろうとしている。

 原発の計画が持ち上がったのは28年前。2基270万kWという巨大な発
電所はバブルに向かう前の当時は「現実的」だったかもしれないが、電力需要が
伸び悩む現在では必要性は疑わしい。公式な数字とは別に裏費用を含めた建設
費用は1兆円を超えるだろうし、中国電力に取って負担でしかないと思われる。
なぜこんな愚かなことが続けられているのだろうと、改めて考えさせてくれる
映画である。

・原発は温暖化対策か
 中国電力だけではない。この愚かな計画は、山口県知事が埋め立てを許可し
ないと決断すれば止められる。が、知事は祝島の漁民の気持ちはわかると言い
つつ埋め立てを許可。それからは埋め立て工事のための強引な海洋調査が、原
子炉設置許可が出ていないにもかかわらず、はじめられようとしている。
 原子炉設置許可を出すのは資源エネルギー庁。計画の必要なしと言えば止め
られるのだが、エネルギー政策基本法などの政策でむしろ強要している。いま
都合良く使われているのが「地球温暖化」である。鳩山元総理の二酸化炭素削減
方針が原発推進の大号令に使われている。資源エネルギー庁は今後、「温暖化対
策」として2030年までに14基の原発を増設するのだという。
 地球温暖化は2030年まで止まっているわけではない。何もしないで、こ
れから10年もかけて原発をつくっているうちに状況は決定的に悪化するだろ
う。14基にかかる費用は周辺工事を含めて1基5000億円と見積れば、総
額7兆円を超える。自然エネルギーにつぎ込んで、2メガの風車が2億円で建
設できるようにすれば3万5000本も建つ。1基の年間発電量を控え目に
400万kWhとすれば、総発電量は1400億kWh。新設原発の年間発電
量はせいぜい90億kWh(稼働率80%以上)で1260億kWhにしかな
らない。本気になれば、風車の方が数年で実現できることだが。
 風車だけではなく、小水力や地熱、バイオマスに太陽光と7兆円を投資すべ
き先はたくさんある。映画はスウェーデンの取材も交えながら、原発ではない
エネルギーの解決先をきちんと示してくれている。
 仮に14基がちゃんと建設できても、日本は活断層だらけの国である。直下
型地震に見舞われると柏崎刈羽原発のようにほぼ使用不能になる。再稼動でき
てもそれまでに何年もかかる。その間は石油に頼り二酸化炭素を倍加させる。
地震は必ず起こる。それを前提にすると原発は必ず二酸化炭素を増やす。どう
してそのことに気づかないのだろう。

・幸せの新しい尺度を教えられる
 映画は山戸孝くんという若い青年が、祝島に戻り暮らしはじめるところから
はじまる。孝くんは島の原発反対運動の中心である山戸貞夫さんの息子だ。で
も反対運動に魅力を感じず、島を出て働く。島の生活は漁業と農業だが、ひと
たび抗議行動や選挙などになると、それを中心に生活が回る。島の暮らしは反
対運動そのものなのだ。
 若者がそんな暮らしに嫌気を感じるのは当然。父親も反対運動を強制せず、
子供の生きたいように生きて良いと願った。そして島を離れて10数年。孝く
んは結婚相手を連れて島に戻る。外から客観的に「原発ハンタイ運動の島」を眺
めながら、自分が生きて行く場所は「この島」だと悟った。
 島に仕事はない。いまさら漁業を担うたくましさはない。島のおばちゃんた
ちがはじめた海産物の通販の仕事を、得意のパソコンを操りながら手伝いはじ
める。そして子供が生まれ、親子3人が暮らすにはギリギリの収入で、それで
もとても自信を持って力強く生きている。奥さんのお腹には二人目の子ができ
た。孝くんに迷いはない。
 孝くん以外にも、大学の先生を辞めて島に戻り養豚をはじめた人など、何人
かのUターンした人々が紹介される。養豚の豚は荒れ地の開墾もしてくれる。
この方の親は原発推進派であったという。親が亡くなり、その畑を耕しに「原
発ハンタイの島」に戻った。
 反対運動28年という月日は長い。山戸貞夫さんのように人生の大半を反対
運動の中で生きている皆さんが大勢だ。反対と賛成で島が二分され、日常もお
祭りなどの祝い事もズタズタにされたことも経験している。それでも、この徹
底的に闘う漁師さんやおばちゃんたちの姿に、生きることが抵抗というあっけ
らかんとした明るさ、楽しさ、真の自立というものすごさを感じる。だからこ
そ、島に戻る人が生まれはじめているのだろう。
 その人たちに向かって「もう皆さんも年寄りばかりだ。跡継ぎもいないでし
ょう。原発をつくれば皆さんの暮らしも良くなるんですよ。」と、埋め立てのた
めの測量を強行する船上から呼びかける(おそらく人の良い)中国電力社員の
「頑迷な古い尺度」との落差に、一種爽快な滑稽さを見た。そんなすごい映画
だった。

以下に東京周辺での上映会

日時:2010年7月24日(土曜日)
場所:ベルブホール(多摩市立永山公民館) 多摩市永山1─5
042─337-6661
TAMA映画フォーラム特別上映会「ミツバチの羽音と地球の回転」
http://www.tamaeiga.org/
参加費:前売・インターネット予約1000円
    当日:大人1200円 当日こども500円
主催:TAMA映画フォーラム実行委員会 *詳細が決まり次第、随時お知らせ。
問合せ先:http://www.tamaeiga.org/modules/contact/

日時:2010年7月25日(日曜日)
 昼の部:12時30分 開演(12時受付)、夜の部:17時開演(16時30分受付)
 各回上映後、トークセッション!
会場:座・高円寺(B2F/第2ホール)JR総武線「高円寺」駅北口徒歩5分
「ミツバチの羽音と地球の回転」上映&スペシャルトークセッション!in座 高円寺
http://www.connectedcafe.org/
ゲスト:藤村康之(非電化工房)、Yae(半農半歌手)、中村隆市(ウィンドファーム代表)、鎌仲ひとみ監督
参加費:予約1500円、当日1800円(未就学児は無料)
※ 地域通貨『ナマケ』『アースデイマネー』300円分使えます。
主催:『ミツバチの羽音と地球の回転』7.25上映実行委員会
共催:ナマケモノ倶楽部、スロービジネススクール、種まき大作戦実行委員会、Connected Cafe事務局、自治市民'93
問い合せ先:「ミツバチの羽音と地球の回転」7.25上映実行委員会
要予約:メールにて連絡:mitsubachi0725@gmail.com

                       竹村英明(ISEP顧問)
3.青森エネルギー紀行(7)「お笑い再処理工場」
                     森治文(朝日新聞青森総局次長)

 「お笑い再処理工場」。北朝鮮をおもしろおかしく描いたテリー伊藤の“名著”
になぞらえれば、そんな状況だろう。
 今、六ヶ所村の再処理工場はゲームセンターと化している。一昨年12月に
天井からはがれ落ち、高レベル放射性廃液の入った炉の底に沈む一片のレンガ
を、先端に2枚の金属板を「はさみ」代わりに取り付けたクレーンを遠隔操作
で動かし、つかみ出そうとするのだが、廃液は真っ黒、高温のためにカメラも
入らない。いわば、目をつぶったままガラスケースに入ったぬいぐるみをつか
み取る「UFOキャッチャー」ゲームに躍起という状況である。
 トラブルや故障はこれまでも何度もあった。それがまた新たなトラブルを呼
び、また修復するという作業を繰り返してきた。でも、それらは再発防止のた
めの手練手管があったように思う。今回は縦24センチ、横14センチ、厚さ
7ミリという大学ノートほどのレンガが本当に命取りになるかもしれない。取
り出せなければ、ガラスの中に封じ込めた高レベル廃液を炉の下から排出する
「口」をふさぐ恐れがある。「廃炉」にもつながりかねない危機である。
 原燃は当初、3月に作業を始め、月内に取れると言っていたのに、作業開始
自体が4月に遅れた。その時の理由を原燃は「UFOキャッチャー」の器具の
準備を念入りにするため、としていた。だが始まってみると、この器具、やっ
ぱりうまくいかない。
 れんがをはさむ幅がきゅうくつだの、緩いだのといった不具合があり、4月
中に早くも器具を改良する羽目に。それにこの作業、24時間、続けられない。
その理由は炉の熱が冷めると、炉内の液体ガラスが固まり、れんがその中に埋
まってしまうためだ。そこで約30時間かけて炉を熱してガラスをどろどろに
しては、冷めてしまうまでの5~7時間だけUFOキャッチャーにトライする
ということを繰り返す。
 それでも、ほんの数時間だけ、原燃が、ぬか喜びしたことがあった。
 5月16日。午後1時半ごろ、UFOキャッチャーが何かをつかんだという
報告があり、炉のすぐ外に置いた白黒テレビでは、器具の先端に黒い物体が確
認できたという。今となっては本当に「黒い物体」が単なる影でなかったのか
という疑惑が渦巻くが、原燃は喜び勇んで、その日の夕方、報道各社に速報を
流した。
 ただし、弊紙の社内でもその時点で、本当に取り出したのかという疑問の声
が上がっていた。問題は、取り出す炉の上部の口の狭さ。そこを通過する際、
物体をはさんだ2枚の金属板の向きを縦に長く変える必要があるが、その転回
がうまく行くかどうか、未知数だったからだ。
 果たして、金属板の先端を確認しなおすと、何もなかった。最初から何もつ
かんでいなかったのか、それとも、途中で落としたのか。そこははっきりとし
ていない。当日夜になって、原燃はあわてて訂正の発表を報道各社の担当記者
に連絡した。

 原燃は器具をさらに改良し、UFOキャッチャーゲームをまもなく再開する。
しかし、「すぐに取れる」という弁解を4月以降、繰り返す原燃社長の発言を聞
いていると、北朝鮮が何を発言しようとも日本の国民がその内容を信じていな
いように、原燃への信用がますます薄れていく。その危惧が原燃の社内にない
のだとしたら、まさに「お笑い再処理工場」である。

               ◇

 でも「核燃サイクル」は進む。5月13日には、原発から出る使用済み核燃
料を貯蔵する「中間貯蔵施設」をむつ市に建設する事業と、再処理工場から取
り出したプルトニウムやウランを原発に使うための「MOX燃料工場」を六ヶ
所に造る事業に、国の許可が出た。MOX燃料だけで稼働させるため、建設が
進む下北半島の先端、大間町の大間原発もあわせ、下北半島は「核燃施設」包
囲網ができようとしている。
 MOX燃料工場はそもそも、中間処理が本格稼働しなければ意味をなさない。
中間貯蔵は50年の期限つき。市民説明会では「その後は本当になくなるのか」
という不安の声が上がる。見通しなき核燃サイクルに投じられる巨額な費用。
それに群がるしかない青森県下の自治体。万が一の事故など危険に直面しない
ことを願いながら、嘲笑していられるだけ、ましかもしれない。

                     森治文(朝日新聞青森総局次長)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。