上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2.  寄稿

石狩市民風車の建設着工、出資募集開始
杉山さかえ(NPO法人北海道グリーンファンド)

みなさまにはSEEN10月1日号にてご案内させていただきましたとおり、2004年10
月15日、北海道石狩市の市民風車建設と市民出資の募集がはじまりました。おか
げさまで市民出資の窓口である(株)自然エネルギー市民ファンドには、すでに
100件を越すお問い合わせをいただいております。

2005年3月運転開始をめざしたこの石狩のプロジェクトでは、石狩市と市民の協
働による全国初の取り組みと北海道グリーンファンドによる計画との、合わせて
2基の風車が建設されます。この事業化に向けての準備をはじめたのはいまから4
年前のことです。最初の市民風車「はまかぜ」ちゃんが誕生する前年、北海道電
力は「風力発電事業からの電力の買い取りを一時中断する」ことを発表しまし
た。2002年度以降の買い取り再開は不明とのことで、「はまかぜ」ちゃんが誕生
した後は、しばらく北海道で市民風車の建設は難しいだろうと思っていました。
しかし、いつ再開されても良いように、道内でいくつかのポイントを選定し風況
調査を開始しました。

また、自然エネルギーのより一層の促進を求めて「自然エネルギー促進法」推進
ネットワークが進めていた「自然エネルギー促進法」は成立を阻まれてしまいま
した。そして代わりに昨年施行された「電気事業者による新エネルギー等の利用
に関する特別措置法」は、私たちの取り組む市民風車のみならず、自然エネル
ギー全体の普及促進にとって追い風になるような社会制度をつくりだすに至って
おりません。

しかし、転んでも踏まれても、したたかに立ち上がるのが私たち市民です。昨年
春、競争率8倍という北海道電力の風力発電事業からの買い取り枠を「抽選」で
引き当てた唯一の市民プロジェクトがこの石狩の市民風車です。市民による持続
可能なエネルギー社会への転換を着実に形にしていくため、この石狩のプロジェ
クトを成功させようと北海道から全国各地を駆け回り、環境エネルギー政策研究
所(ISEP)を始め、多くの方々の協力をいただき、事業計画を確実なものとする
ことができ、こうして風車建設と出資募集を開始することになりました。今回の
経験は市民による風力発電事業を行なう上でもプラスとなり、各地域での取り組
みを支援する上で生かされていくことと思います。

私たちは未来のエネルギーの選択を人任せにしない自発的な取り組みが今後も各
地で行なわれていくことで、日本のエネルギー政策が変わっていくことと思いま
す。その参加の窓口を広げるため、地域のみなさんとともに市民風車を広げる活
動しています。そして現在、石狩のプロジェクト成功に向けてスタッフともども
全力で取り組んでおります。ぜひいっしょに市民風車をまわしましょう!

★石狩市民風車への出資にご関心のある方は自然エネルギー市民ファンドまでお
問い合わせください。ホームページ( http://www.greenfund.jp/ )にて出資資
料請求が行なえます。

----

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://isepseenarchive.blog88.fc2.com/tb.php/98-9497db6c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。