上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1. 風発 リアルワールド
  (飯田哲也、ISEP所長)

2年ぶりのザルツブルグである。サウンド・オブ・ミュージックの舞台にもなっ
た湖水のほとりに立つ古城を本拠とするザルツブルグセミナーという研究財団が
ある。そのザルツブルグセミナーの一環として、1995年以降、欧州エネルギー政
策の「改革(Reform)研究グループ」のワークショップが毎年開かれており、わた
しも1998年頃からときおり参加するようになった。

その名のとおり、エネルギー政策の各分野における「市場改革」が主要なテーマ
だが、市場原理主義とは無縁である。ここで「自由化」(liberalization)と報告
する研究者がいれば、即座に「自由化」ではなく「規制の再構築」
(re-regulation)であると指摘される。かといって環境原理主義でもなく、基本
的には、環境(持続可能性)を中心に据えつつも、市場も折り込んだ新しいエネ
ルギー政策・エネルギー市場のあり方が指向されている。今年の大きなテーマの
一つは、施行を目前に控えた「欧州排出量取引」だった。(なお、飯田がコバリ
エル教授と共同で報告した「RPSの失敗 - スウェーデンと日本の共通の教訓」
は、ISEPのウェブサイト http://www.isep.or.jp/ に掲載。)

ところで、今回のワークショップでは、「リアルワールド」(現実世界)という
キーワードが目立った。欧州でも、市場原理主義に悩まされていることが伺える
キーワードといえよう。机上の理論で政策の一側面だけをつまみ食いした結果、
英国、スウェーデンなどでのRPSの失敗や、新たな寡占の進むドイツの電力市
場や設備投資が滞って大停電の危機すら懸念される英国といった報告がつづき、
前提条件としても結果の評価でも「リアルワールド」をしっかりと折り込むこと
の重要性があらためて強調されたのである。これは、「政策の熟慮」
(deliberation)とともに、今日の政策形成の重要な要素であろう。

ひるがえって日本はどうか。「RPSでは市場メカニズムが機能するので経済効率
的である」といった、素朴な市場原理主義がはびこっているところは欧州と同じ
状況だが、議論の水準ははるかに低く、政策への市場原理主義の影響がより大き
いために、いっそう深刻な状況といえる。

他方で、核燃料サイクルをゴリゴリに推進している原子力ムラの人々は、今では
朽ち果て「悪夢」となった何十年も前の「夢」の世界を生きていて、これを押し
通すためには、デタラメだろうが無茶な論理だろうが平気で押し通そうとする。
現在、原子力委員会の長計策定会議で議論されている核燃料サイクルの是非で、
「六カ所再処理工場を放棄すると、全原発が停止し、これを補うために、膨大な
火力発電の費用がかかるため、これを政策変更コストにするべき」といった電力
会社の主張を見ると、ほとんど居直り強盗と変わらない論理に呆れ果てる。

この両極の狭間で又裂きのような状況に置かれた日本のエネルギー環境政策に対
して、持続可能な社会に向けたリアルワールドの議論を構築していくことの重要
性を、あらためて噛みしめた1週間だった。

----
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://isepseenarchive.blog88.fc2.com/tb.php/93-b5dc40e9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。