上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5.自然エネルギー業界就職相談会開催
 (近江まどか、ミュンスター大学大学院)

6月2日、自然エネルギー2004の関連イベントとして開催された「Job Fair」に参
加してきた。これは、自然エネルギー関連企業と求職者と交流をする、いわゆる
就職相談会である。ボン観光の名所の一つ、ベートーベンホールの南館が貸切ら
れ、約40社がブースを開設した。

参加企業は、「Enercon」などの風力産業企業、「SolarWorld」といった太陽エ
ネルギー産業企業、変わったところでは、自然エネルギー設備への投資に対する
コンサルタント会社など。会場には、求人ボードが設置されており、エンジニ
ア、建築家、マーケティング、広報、事務職などの様々な職種に対する求人が、
所狭しと掲載されていた。又、求職者も面白い。自動車開発のエンジニア、MBA
コースに通う学生、大手電力会社の広報担当者など。皆、自然エネルギー業界に
将来性を見出し、このJob Fairにやってきたのだ。

今、ドイツの雇用市場では、自然エネルギー業界が熱い。2002年の時点で、この
分野で働く人々は12万人。特に、1998年以降の伸びは目覚しく、ほぼ倍増してい
る。又、2020年には、40万人の人々の雇用が、自然エネルギー業界で生み出され
るとの研究も連邦環境省から発表されており、低迷を続けるドイツ経済における
明るい話題となっている。このような雇用増加の背景として、トリッティン連邦
環境大臣は、2000年に制定された自然エネルギー買い取りを義務付ける「自然エ
ネルギー法」などの政策が果たした役割を強調している。

現在、私は、ドイツで、自然エネルギー政策を研究テーマに学生生活を送ってい
る。「Job Fair」に参加し、この業界で、将来、生計を立てていくことに、希望
を感じることが出来た。

----

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://isepseenarchive.blog88.fc2.com/tb.php/53-09f3e47a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。