上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1.「無計画停電」から「戦略的エネルギーシフト」へ
           「3.11後のエネルギー戦略ペーパー」No.1
       飯田哲也(ISEP所長)、松原弘直(ISEP主席研究員)

1)はじめに
 2011年3月11日に発生した東北関東大地震とそれに続く巨大津波によ
って、福島第一原子力発電所をはじめとする東京電力・東北電力の主要電源が
緊急停止した。このため東日本は深刻な需給ギャップが生まれ、それに対応す
るために東京電力では「計画停電」を始めた。ところがこの計画停電は、十分
に計画されたものではなく、信号や鉄道、病院といったライフラインの電力や
震災被災地の電力供給さえ止まる地域がある他、生産活動の見通しを立てられ
ない産業経済界からも異論が聞こえるなど、混乱を極めている。
 そこでISEPでは、関東圏の供給力や過去の需要量を含めた電力需要の検
証を行い、今後、公共政策として行うべき、短期・中長期的な施策をここに提
言する。

(続きは以下のサイトで)
http://www.isep.or.jp/images/press/ISEP_Strategy110323.pdf

        飯田哲也(ISEP所長)、松原弘直(ISEP主席研究員)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://isepseenarchive.blog88.fc2.com/tb.php/490-343e6da7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。