上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5.ベルリンの風 第9回 新たな謎へ
                     山下紀明(ISEP主任研究員
           /ベルリン自由大学環境政策研究センター博士課程)

 2月中旬からハンブルクを4回、バルセロナを1回訪れました。今月20日
に帰国する前のコロキウム(ゼミ)での発表に向け、最後のデータ収集です。
これまでに計26件のインタビューを行い、貴重な情報を提供していただきま
した。今回の調査ではインタビュー相手はもちろん、その紹介者も含めて多く
の方からの厚意と応援をいただきました。それに答えるためにも、成果をまと
め、彼らへのフィードバックや現実の政策作りへの提案を通して貢献ができる
ようにしたいと強く思います。
 一部前回と重複しますが、私の研究は「なぜ、いくつかの都市は積極的な自
然エネルギー政策を発展させることができたのか?」という謎を比較により解
き明かすことです。前回は調査地である東京、バルセロナ、ハンブルクの太陽
熱政策の違いについて外部条件として「国の政策のギャップ」と「自治体の権
限」を中心にまとめました。今回は3都市が積極的な先進地域となりえた内部
条件について考えてみます。
 政治学において多くの研究がなされているアドボカシーコアリション枠組み
(AFC)によると、それぞれの信念に基づき政策を実現しようとする連合体
が活用する資源として以下の6つが提示されています:(1)政策決定のための
公式な法的権限(2)世論(3)情報(4)動員数(5)資金(6)巧みなリ
ーダーシップ。自然エネルギー政策を推進してきた自治体を中心とする連合体
について(1)(3)(6)を中心に3都市に共通する内部条件を考察します。
 東京では都の再生可能エネルギーチームとISEPを中心とするNGO、事
業者連合が連合体を作り、2000年ごろから金をかけずに知恵を使った施策
を進めていました。2006年以降は人事異動や組織改変をへて気候変動政策
全体の推進体制が整い、自然エネルギー政策推進への大きな追い風となりまし
た。自らの情報収集・専門知識に加え、ISEPや事業者と連携して情報を活
用して新たな政策作りを行ってきました。同時にこれまでの一連の環境政策の
知見や経験が内部にも外部にも蓄積されており、それらを活かしたリーダーシ
ップとコーディネーションが見られます。
 バルセロナは1980年代後半から環境政策を標榜する議員がNGOや事業
者との連合により、自然エネルギー促進制度の情報を収集し、太陽熱義務化制
度を作り上げました。その後エネルギー問題を扱う専門組織が設立され、自ら
の取組みから情報のフィードバックを得て、実践と改訂を担っています。地域
のエネルギー供給を担うガス会社の影響力は大きく、建設業界やビルオーナー
などとも議論がありましたが、交渉をへて制度は改訂されています。一方で前
述の議員とともに市民組織は中心となる連合体から外れていきました。現在は
環境担当副市長がリーダーシップを発揮し、太陽熱制度をはじめ環境政策全体
の推進に大きな貢献をしています。
 ハンブルクでは当時のEU全体での電力自由化の流れとも相まって2002
年に公共電力会社を手放しましたが、エネルギー供給に対して自治体の影響力
が失われた事への批判が根強くありました。2008年から当時政権の座にあ
った緑の党が牽引車となり公共電力会社を新設し、電力網や熱供給網を買い戻
す準備も進めています。公的電力会社の新設は他の都市でも見られますが、ハ
ンブルクが最も大規模なものであり注目されています。今年2月の選挙で政権
政党となったドイツ社会民主党(SPD)も公共電力会社の取組みを促進する
方向に動きそうです。再生可能エネルギーチームは他の環境担当部署と密接な
コミュニケーションを取りながら、気候変動政策全体をコーディネートする部
署も事業者と連携を積極的に進めていますが、NGOは連合体には入っていま
せん。
 上記のような取組みをへて3都市それぞれの文脈の中で自然エネルギー政策
を積極的に進める連合体を形成し、実践してきました。もちろん各都市によっ
て異なる様々な制約もありますが、インタビュアーの一人は「制約が必ずしも
問題となるわけではない。」と述べました。彼らは資源を活用し、数々の工夫に
より、逆に多くの機会を生み出しています。先進地域の取組みはこうした人々
が支えているのだと実感しました。
 次回は本連載のまとめとして、10ヶ月間の滞在で得たものについて書きま
す。

                     山下紀明(ISEP主任研究員
           /ベルリン自由大学環境政策研究センター博士課程)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://isepseenarchive.blog88.fc2.com/tb.php/486-e4398f20
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。