上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5.デンマーク・オールボーから(5) PhDディフェンス × 3
        古屋将太(Aalborg University, PhD student/ ISEP fellow)

1月末から2月はじめにかけて、私の所属するデパートメントの同僚3人が
PhDディフェンス(博士論文の口答審査)を行いました。そのうち2人は環
境アセスメントをテーマとした研究で、もう1人は創造力開発をテーマとした
研究でした。

環境アセスメントを扱った2人の研究は、いずれも環境アセスメントの内容に
ついてではなく、気候変動対策や産業開発の現実のプロセスの中で環境アセス
メントがどのように位置付けられ、どのような役割を果たすことが必要なのか
を問題関心としていました。環境アセスメントは90年代の「Cleaner
Production」という社会的文脈の中で登場し、考え方や手法が構築され、今日
に至るまで一定の制度を形成したものの、「それが実際に本当に機能しているの
か?」について、研究コミュニティの中でも疑問が生じており、改めて社会的
文脈の中で環境アセスメントを考え直す必要があるだろうという背景から2人
の研究ははじまりました。

まず、Sanne Vammen Larsenによる「Grappling with the uncertain ? Climate
change in SEA」では、河川管理政策と気候変動対策の境界で生じている不確実
性をどのように戦略的環境アセスメントが扱い、今後どのように対処していく
方向性があるのかを議論していました。具体的には、彼女は、ウルリッヒ・ベ
ックのリスク社会論を基本枠組として分析を行い、現行のデンマークの河川管
理政策には、気候変動対策における「緩和」の概念は組み込まれているものの、
「適応」や「ベースライン管理」の概念はほとんど取り上げられていないとい
うことを明らかにしていました。

次に、Anne Merrild Hansenによる「SEA effectiveness and power in
decision-making」では、グリーンランドのアルミニウム精錬所建設計画の策定
における戦略的環境アセスメントの有効性を意思決定プロセスとの関係で議論
していました。具体的には、彼女は、アンソニー・ギデンズの構造化理論を基
本枠組として分析を行い、グリーンランドの事例では有志の活動家たちによる
オルタナティブな戦略的環境アセスメントの実施が、公式な意思決定プロセス
に一定程度影響を与え、そのプロセスにおいては地域アクター間の公式/非公
式な意見・情報交換が重要な役割を果たしていたことを明らかにしていました。
印象的だった点は、オルタナティブな戦略的環境アセスメントへの参加型調査
を通じて、これまで大規模開発行為に対して従属的に手続きを進めてきたグリ
ーンランドの「植民地的メンタリティー」から、人々が内発的にグリーンラン
ドの環境と開発について考え、行動するものへと変化する萌芽を彼女が感じた
ということです。この感受性は、彼女自身がグリーンランド出身であるという
ことが大きいと思いました。

創造力開発を扱ったChristian Byrgeによる「Conceptualization of Creativity
Practices through Action Research: The case of The Creative Platform at
Aalborg University」は、「クリエイティブ・プラットフォーム」と呼ばれる創
造力開発の実践を通じて、その理論的・方法論的な展開を試みるという非常に
興味深いものでした。具体的には、ビジネスや行政、教育などの場で新しいア
イディアや知識を引き出す際に、クリエイティブ・プラットフォームはどのよ
うに参加者の「動機付け」「自信」「集中力」「知識の応用」に影響を与えるのか
を探るというもので、実際に彼がインストラクターになってオールボー大学内
で6つのワークショップやセミナーを行い、その結果を分析していました。彼
とは以前、合宿型の講義で同席したことがあり、「非常におもしろい研究をして
いるなあ」と注目していましたが、改めてその成果を聞いて、この手法はイノ
ベーションの実践や起業家教育に有効なのだろうなと思いました。

このところ、立て続けにPhDディフェンスが行われ、私よりも少し早くはじ
めたPhDたちが次々と成果をまとめています。私自身の研究はというと、こ
のところ理論研究でやや壁にぶつかっており、もう少し時間がかかりそうでは
あるのですが、焦らず、着実に進めていきたいと思います。

参考資料
Conceptualization of Creativity Practices through Action Research: The
case of The Creative Platform at Aalborg University(Christian Byrge, PhD
thesis)
http://goo.gl/SDiKo

        古屋将太(Aalborg University, PhD student/ ISEP fellow)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://isepseenarchive.blog88.fc2.com/tb.php/481-451b2f40
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。