上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5.ルンド大学IIIEE留学記 第3回
                      澤木千尋(ISEP研究員)

12月13日にはルシア祭が大学構内で行われ、サフランブレッドやジンジャ
ークッキー等がキッチンに並びました。そして、24日のクリスマスには、皆
家族とゆっくり過ごすというのが習慣であるため、ルンドの町はどこもお店を
締めひっそりとしていました。

今回は、学校の授業で学んだ、2009年にOrsato氏によって紹介された企業
によるサステイナビリティ戦略について紹介したいと思います。

■4つの異なるサステイナビリティ戦略
Orsato氏は、企業による一般的なサステイナビリティ戦略を、それぞれの企業
にとって望ましい競争上の優位性(低コストvs. 差異化)、又は焦点(組織の
プロセスvs.商品・サービス)に応じ、4つのステージに分けて紹介していま
す。

Orsato’s (2009) generic sustainability strategies

戦略1、環境効率
この戦略は、運営上の効率を高め、商品生産や組織上のプロセスにおけるコス
トを大幅に削減するよう再設計し、それによる環境への影響が追加的な収入源
となるというものです。Orsato氏は、環境効率の向上により、資源利用の向上
やイノベーションへのブレークスルーとなり、更には産業間の共生(symbiosis)
にも繋がりうると言及しています。また、この戦略はB2Bが適しており、特に
農業関連産業における共生(symbiosis)、例えば、副産物をバイオエネルギー
生産事業者と売買し、それを活用するといったことが可能であり、そのポテン
シャルは大いに高いといえます。

戦略2、ビヨンド・コンプライアンス・リーダーシップ
これは、企業はその産業におけるサステイナビリティ・リーダーとなるために
クリーナー・プロダクションに関する規制をクリアする等の努力をし、ポジテ
ィブな評判を構築するという戦略です。たとえば、ISO規格を取得すること
などが挙げられますが、取得には数年かかり、また維持にもコストなどがかか
るため、より企業にとって困難なものとなります。しかしながら、メディアの
標的となる重工業や知名度のあるブランドを有する企業にとっては、この戦略
は評判低下のリスク回避のためにも最も適しているといえます。

戦略3、エコ・ブランディング
これは、生産プロセスからシフトし、実際に環境への影響に配慮した商品を提
供するという戦略です。環境配慮に関する適切な情報が表示され、又、消費者
が追加料金を払う意思があれば、当該商品は「環境にやさしい」商品としてブ
ランディングされ、更にその商品が競争力を有することになります。

戦略4、環境コスト・リーダーシップ
これは、企業が商品を低コストで生産し、同時に環境へのインパクトも大幅に
減らすという戦略です。たとえば、環境配慮型商品に対し消費者が追加料金を
支払う意思がなく市場になじまない場合に、一つの同じ製品を生産するための
資源利用を減らし、それが費用削減に繋がるということです。たとえば、包装
関連の企業が環境規制に則り、環境負荷を減らすよう、原材料を変更するなど
商品の環境設計を試みるということが挙げられます。

もちろん、比較的高コストとなる差異化は、低価格戦略にも起こりうることも
あります。たとえば、マクドナルドとバーガーキングは低価格を基本に競合し
ていますが、その中で再利用可能なパッケージを導入するなどの差異化も計っ
ています。しかし、これら4つの戦略の枠組を設けることにより、より簡潔な
環境戦略の理解を促し、その理解をもって各企業は自信のポジションを選択し
決定することになります。もっとも、これらは各企業のポジションの確立を促
すものであって、1つの戦略のみに固執するのではなく、他全体の戦略を見据
える必要があります。

[参考文献]
Orsato, R. J. (2009). Sustainability Strategies - When does it pay to be
green? : Palgrave Macmillan.

                      澤木千尋(ISEP研究員)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://isepseenarchive.blog88.fc2.com/tb.php/476-40603726
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。