上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2.青森エネルギー紀行(12)「究極のエコエネ実験」
                     森治文(朝日新聞青森総局次長)

 11月まで青森も例年に比べて暖かい日が続いていたが、どうやら東京から
新青森まで延びた新幹線がついでにシベリアから寒気も運んできたようだ。つ
いに本格的な冬が到来した。青森の気候はだいたい東京と1カ月ずれるという
のが実感だ。9月は東京の10月、10月は東京の11月、逆に4月は東京の
3月と1カ月遅れという具合。桜が咲くのが4月下旬だから、だいたい当たっ
ていると思う。ただし、12月から2月の冬だけは未体験ゾーン。寒さに耐え、
雪に耐え、そして膨大なエネルギーを消費する季節でもある。
 その冬に向け、6世帯による究極のエコエネ生活が六ヶ所村でスタートした。
新築した2階建ての「スマートハウス」6軒は、東北電力の送電網とは直接つ
ながってはいない。電気の供給はすべて風力と太陽光。NAS蓄電池(ナトリ
ウム硫黄蓄電池)を駆使し、各世帯が24時間いつでも不自由なくエネルギー
が使える。車は自宅前に備え付けた充電スタンドを電源とするプラグインハイ
ブリッド車(PHV)。日本風力開発とトヨタ自動車、パナソニック電工、日立
製作所の4社共同による、一般住居を対象とした世界初のスマートグリッド実
験だ。
 かつて米国でバイオスフィアといわれる巨大な密閉空間に長期間にわたって
科学者らが生活し、究極の自給自足を試みる実験があった。現代版ノアの方舟
などと称されたが、電力会社の送電網と無関係に、自宅の屋根の太陽光パネル
など閉鎖的なエネルギー環境の中にスマートハウスもいわば、エネルギー版ノ
アの方舟。そう考えると心躍らされるものがある。
 この5LDK床面積120平方メートル、高気密高断熱のスマートハウスの
実験は、日本風力開発のメンテナンスなどを担当する現地採用の社員の家族ら
が入居して9月にスタート。11月のなかば、現場が報道関係者に公開された。
 実際の生活空間は見られなかったが、家の中の一部には入らせてもらった。
家具などはこれから入れるという居間の床はフローリング、エアコンあり、テ
レビに配電盤、ごく普通の一軒家という風情だ。違うのは使うエネルギーはH
EMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)によってすべて「見える化」
され、コントロールが可能だということ。テレビモニターや携帯端末などでそ
の時点の電気の消費量が表示されるほか、その電気が自宅の屋根の出力10キ
ロワットの太陽光パネルか、それとも8キロ離れた日本風力開発の二又風力発
電所の発電か、はたまた日立が設置した出力100キロワットの太陽光発電か、
どこから来ているのかもすぐ分かる。あっ、そうそう参加企業からも分かる通
り、ガスはないオール電化である。
 「見える化」が家庭の節電意識を高めるのはよく知られたところ。だが、
2012年7月まで続くこの実験の興味深いのは、「まずは好きなだけエネルギ
ーを使って快適な生活をしてもらう」(関係者)という。
 9月から今年の年末までは入居家庭に対して「見える化」をシャットダウン
する。そうやってデフォルトの各家庭の消費量を見たうえで、電力会社供給の
電気と、今回の閉じた送電網の中での電気による二酸化炭素排出量の差を出し、
そのあとで「見える化」で省エネ意識を促す。電気に使用量に加え、料金も提
示して節約にどう結びつくかも見るという。加えて蓄電機能をまじえて、ピー
ク時に必要な発電量もはじき出す。
 実験に用意した風力、太陽光の出力とNAS蓄電池を持ってすれば、どんな
に6棟が同時に大量の電気を使っても、電気が足りなくなるということにはな
らない。ただ、実験ではわざと送電を止め、各家庭が従来通りに生活できるた
めには、屋根からの電気も想定しながら自宅に取り付けた蓄電池などにどれほ
どの電気を貯めておけばいいのか見るという。
 スマートグリッドの実用化に向けた実験としてどれほどの二酸化炭素削減効
果をもたらすのか、はたまた、旧来の火力や原発を排除した究極のエコエネ生
活の可能性を切り開けるのか、楽しみではある。国と違い民間ベースの実験で
もあり、商用化するために結論は早いだろう。ネックは最終的にはコストにな
るだろう。
 六ヶ所村の地図を見ると、スマートハウスや風力発電所、その送電線がまさ
に、日本原燃の核燃料サイクル施設のすぐ北側を取り囲むようにある。ここだ
けを見ると、次世代をかけた「エネルギー戦争」の様相にも見えるのは私だけ
だろうか。

                     森治文(朝日新聞青森総局次長)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://isepseenarchive.blog88.fc2.com/tb.php/467-f10054b8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。