上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6.ベルリンの風 第4回 先進地域の光と影
                     山下紀明(ISEP主任研究員)

 9月の下旬、今回の滞在で初めてドイツの南部を訪れました。ベルリンから
電車で6時間、バイエルン州の州都ミュンヘンに到着。ベルリンを出てしばら
くは風車群をときおり見かけます。一方ミュンヘンに近づくと太陽光発電を載
せた住居が俄然増えていきます。自然エネルギー先進国であるドイツの中にあ
る地域性を再確認しました。ミュンヘンは都市としても気候変動対策に力をい
れており、昔オリンピック会場であった記念公園の近くには太陽熱の大規模集
合住宅もあります。
 この時期にミュンヘンを訪れた理由は、ドイツに詳しい方ならすぐおわかり
でしょう。ドイツ最大のビール祭として知られるオクトーバーフェスト、ある
意味では最もドイツらしいといえる場面を体験することです。公園には数千人
を収容できる特設テントが10以上も立ち並び、ドイツのみならず世界から押
し寄せた人々が語りながら、歌いながら、笑いあって1リットルジョッキでビ
ールを流し込むのです。それはとてもにぎやかで楽しい光景でした。
 しかしこのお祭りの時期、ホテルの値段は通常の3倍以上にも跳ね上がりま
す。地元の人からはビールの値段が高いし、騒々しいし、行かないよ、という
声も聞きます。華やかなものにも光と影が存在し、特に地元にいるからこそわ
かること、長く関わっているからこそわかることもたくさんあります。
 また10月3日はドイツ再統一20周年記念日でした。(昨年は壁崩壊20周
年)ベルリンでもブランデンブルク門前から6月17日通り(Strasse des 17.
Juni)一帯で大規模な催しが開かれていました。デメジエール内務省大臣は「こ
の20年間は大きな成功の歴史だが、もちろん影の側面もある」と語り、東西
の格差解消は随分進められてきたものの産業や失業などの問題が依然として残
っています。(die Zeit紙オンライン版9月22日記事より)ここにも光と影
が見えてきます。
 さて、研究の方でも、すでに行ったいくつかのインタビューから先進地域の
光と影を学んでいるところです。前々回紹介したハンブルクは、ほぼ全ての住
居から300m以内で公共交通機関にアクセスできることが高く評価されてい
ましたが、実際に住んでいる方からは「確かにそうかもしれないが、電車の環
状線が無いことはとても不便」というコメントがありました。(市内の中心部に
は地下鉄の環状線があります。)バスなどはあってもやはり電車の方が便利だと
いうことのようです。これは住んでいる方だからこその実感ということでしょ
う。また二酸化炭素削減は域内の発電所を移転したことが大きな要因であるた
め、使用する電力量自体は大して変わっておらず、その削減の意味に疑問符が
つくという意見もあります。一方でその電力供給会社については一度民営化を
進めたものの、再度公営に戻し自然エネルギーを増やす施策に向けることも想
定されているようです。
 またドイツ環境省も訪問する機会があり、国と地域の役割について少し意見
交換ができました。ドイツが気候変動政策を強力に進めている一方で、ボトム
アップの視点について尋ねると、「いくつか目立つ事例はあるものの、確かにト
ップダウンの側面が強く、そういう役割分担はそれほど想定されてこなかった。
興味深い研究テーマであり、成果をまた教えてほしい」という趣旨のコメント
をいただきました。インタビュー相手と新たな可能性に思い至ることはインタ
ビューの醍醐味の一つです。
 さらに前回ご紹介したバルセロナについても、太陽熱産業に長く関わってい
る専門家とじっくり話すことができました。「バルセロナは太陽熱義務化の発端
であり、大きな広がりを見せた。一方でチェック体制がないため、実際の導入
率は50%未満という報告もある。抜き打ち検査などの行政コストの低い利点
を保ったままでも改善が必要。」と指摘しています。一躍有名になったバルセロ
ナにも改善すべき点があるようです。
 今後も報告書や雑誌記事ではあまり言及されない影もしっかりと集めながら、
研究対象の実像に迫っていきたいと思います。

お知らせ
「自然エネルギーと省エネルギー」の章のナビゲーターを担当した「経済効果
を生み出す 環境まちづくり」(株式会社ぎょうせい)という本が出版されまし
た。章のはじめに概観を紹介しています。各地域での環境に関する多様な事例
を担当者自らが紹介しており、これから取り組もうと考えている方の最初の一
歩にお勧めできる本です。これまでISEPが協力してきた飯田市や青森の市
民エネルギー事業も掲載されていますので、ぜひご覧下さい。

アマゾンの商品紹介ページはこちら
http://www.amazon.co.jp/経済効果を生み出す-環境まちづくり-環境まちづく
り研究会/dp/4324091676/ref=dp_return_1?ie=UTF8&n=489986&s=gateway

                     山下紀明(ISEP主任研究員)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://isepseenarchive.blog88.fc2.com/tb.php/452-29f02823
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。