上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3.「インターン終了にあたって」
              田尻量平(備前グリーンエネルギーインターン)

3月一杯をもちまして私の備前でのインターンシップは終了いたします。
昨年の夏より半年余り、実に多くのことを学ばせていただきました。

まず仕事の場に身をおいて痛感したのは、自分にはマネジメント能力が足りな
い、ということでした。
最低限のマナー・体調管理・物の管理など、もっと日々気を張ることを学びま
した。

また備前のオフィスは、環境省から地元の施工業者までやりとりの広さが膨大
です。
担当者の方が折衝している様子を観察して、「国ってこうやって地方を動かすの
か」とか「地元の業者との付き合いって大変だ」とか考えたりしていました。
こうして周囲で交わされる情報に非常に敏感になっていったように思います。

グリーンエネルギーの仕事やまほろば協議会の活動を通して、民間企業・行政・
NPO問わず、様々の立ち位置の方々と関わることができました。
顧客・施工業者・建設業者・メーカー・地方自治体・教育関連NPO・地域の
活動家の方々…etc
全ての組織それぞれにそこの都合があるということを、身をもって知ることが
できました。
例えば法人格の有無や官か民かで行動がどう限られていくのかというのは、ま
ったく何も知らなかった学生の私にとっては非常に興味深かったです。

そして自分の専門外のことにたくさん携わった結果、興味の幅が広がったとい
う実感があります。
ごみ処理に関する各自治体の取り組みに関心を持つようになりましたし、また
子どもたちへの環境教育の体験から、初等教育時の環境教育の威力を実感しま
した。
田舎に暮らすことと都会に暮らすこともよく考えるようになりました。
様々な価値観に触れたことで、
「自分にとっての豊かな生き方とは?」
「それを達成するためのライフプランニングとは?」
ということも以前より増して意識するようになりました。
明確な答えは出ないままですが、自分の行動指標には、なりつつあります。こ
れは最大の収穫であったかと思います。

現在は就職活動中でいずれに身を置くことになるかはわかりませんが、最終的
にはエネルギーの地産地消に携われればと考えています。
備前での半年間を通して、自然とそう思えるようになりました。

使命感を持って働かれている方に、多くお会いできたことも大きな収穫であり、
そうした方々に恥ずかしくない自分に早くなりたいところですが、まだまだ道
は長い見通しで、まずは自己管理から始めてゆこうと思います。

末筆ながら、お世話になりました備前の方々、東京中野事務所・長野飯田事務
所の方々にはこの場をお借りして御礼申し上げます。ありがとうございました。

              田尻量平(備前グリーンエネルギーインターン)


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://isepseenarchive.blog88.fc2.com/tb.php/355-8c76115a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。