上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1. 風発:グリーン・ニューディール
??オバマ次期米大統領が担う大変革への期待(08/11/12)
       (「飯田哲也のエネルギー・フロネシスを求めて」より)
                        飯田哲也(ISEP所長)

「Yes, we can !」。
 米大統領選は、「change?変革」を掲げたバラク・オバマ上院議員(民主党)
の圧勝となった。一部に予想外の展開を心配する声も聞こえたものの、ほぼ大
方の予想とのとおりだったのではないか。
 2008年11月4日。シカゴの大群衆を前にオバマ次期米大統領が行った
勝利演説は、間違いなく歴史に残る名演説といえるだろう。冷笑や懐疑的な姿
勢を排し、バラバラに分断され絶望に追いやられていた国民に対して、「われ
われは成し遂げることができる」という希望の力を呼び覚まし、誇りを取り戻
させ、人々を統合する言葉の力を持っている。
(以下、次のサイトへ)
http://eco.nikkei.co.jp/column/iida/article.aspx?id=MMECcm000010112008

 なお、前号までは、以下をご覧下さい。
・「試行」か、「恣行」か??混迷極める排出量取引・クレジット市場(08/10/10)
http://eco.nikkei.co.jp/column/iida/article.aspx?id=MMECcm000009102008

・ダッシュ・フォー・リニューアブル
??主なき「福田ビジョン」の行方(08/09/10)
http://eco.nikkei.co.jp/column/iida/article.aspx?id=MMECcm000009092008

・洞爺湖サミットという「祭り」のあとで
??太平洋戦争に学ぶ温暖化政策(08/08/05)
http://eco.nikkei.co.jp/column/iida/article.aspx?id=MMECcm000004082008

・太陽光は増やせるか??新エネルギー部会『緊急提言』を読む(08/07/04)
http://eco.nikkei.co.jp/column/iida/article.aspx?id=MMECcm000004072008

・「福田ビジョン」をどう読むか
??洞爺湖サミットの「舵取り」と日本の針路を見通す(08/06/19)
http://eco.nikkei.co.jp/column/iida/article.aspx?id=MMECcm000018062008

・「環境ディスコース」の欠落
??なぜ日本は環境政策でいつも迷走し後追いするのか(08/05/22)
http://eco.nikkei.co.jp/column/iida/article.aspx?id=MMECcm000020052008

                       飯田哲也(ISEP所長)


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://isepseenarchive.blog88.fc2.com/tb.php/353-53e695ce
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。