上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5.プロジェクトフラッシュ

1) おひさま発電所はどんどん広がります!
                南原順(おひさま進歩エネルギー有限会社)

 平成16年度に飯田市内38ヵ所に設置した、市民共同のおひさま発電所(太
陽光発電)は、太陽の光を受けて順調に発電を行っています。おひさま発電所
は、市民が力をあわせて自然エネルギーを普及していく取組みとして地域内外
で注目され、平成18年度からは新たに環境省の「メガワットソーラー共同利
用モデル事業」の補助対象事業に選定されました。この事業においては、20
年度までの3年間で約120ヵ所、計1000kWのおひさま発電所を、飯田
市を含む南信州地域を設置します。これにより、約160ヵ所のおひさま発電
所が地域に生まれることになります。
 すでに18年度には44ヵ所の設置を行いました。飯田市以外にも南信州地
域の15の町村、長野県の下伊那地方事務所の協力を得て保育園・幼稚園など
の公共施設に設置している他、地球温暖化防止という目的に共感してプロジェ
クトに参加した民間の事業所にも数多く設置しています。また、これらの施設
でも、これまでの飯田市内の施設と同じように、園児・児童への環境学習劇や
地域の方々との環境学習会など、普及啓発活動も行っています。設置施設の方
から、イベントでのおひさま発電発電所のPRや、施設スタッフにもできる省
エネの取り組みなどについて勉強会でレクチャーしてほしいと直接リクエスト
をいただくことも増えており、環境問題についての関心が増していると感じま
す。
 加えて、おひさま発電所となった農産物の加工所や農家では、地域の特産品
であるぶなしめじや市田柿(干し柿)、ジャムなどを太陽光発電の電気で作った
商品としてブランド化し、販売しようというプロジェクトも立ち上がっている
など、環境への取り組みを自らの商売や地域の活性化につなげていこうという
動きが積極化しています。また、9月4日には、NHK総合の朝の番組「おは
よう日本」でクリーンエネルギー特集の中で、市民が取り組み成功している事
業として取り上げられました。
 皆様の応援を得てスタートしたおひさま発電所は、飯田市を飛び出して、よ
り広い地域に広がっています。

                南原順(おひさま進歩エネルギー有限会社)


+++++++++++
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://isepseenarchive.blog88.fc2.com/tb.php/332-8b070a81
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。