上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2)備前プロジェクトフラッシュ
            〜備前千年 さらに今年の若葉なり〜
                  松本照生(備前グリーンエネルギー)

■営業報告と事業進捗について
 2007年度も第一四半期が過ぎました。6月には、匿名組合の出資者の皆
様に、はじめての営業報告を実施しました。昨年度、我々が実施した事業で削
減される二酸化炭素の排出量は、年間約198トンと試算しました。出資者の
ある方から、「身近で、確実な省エネルギー事業をどんどん広げていってくださ
い」と激励の言葉もいただいております。

 昨年度に導入した省エネサービス事業について、若干振り返ってみますと、
民間事業者で初めて我々の省エネルギーサービスの導入を決定していただきま
したのは、老人福祉施設でした。導入アイテムは、エネルギー高効の高い空調
とペアガラスのセットです。備前グリーンエネルギーでは、省エネアイテムを
ミックスして提案できることを得意としており、老人福祉施設のように、比較
的安定してエネルギーを使用している施設に対しては、サービス導入後の効果
もかなり良い結果が出ることを確認しております。
 今回は特に建物外皮の断熱に着目し、ペアガラスの効果と空調機器自体の能
力について十分検証し、提案をいたしました。
 職員の皆様からは、「部屋が非常に暖かくなった」「窓際が寒くなくなった」
と大好評を得ております。

 おかげさまで、昨年度末に引き続き民間事業者を対象に、今年度も備前グリ
ーンエネルギーの省エネルギーサービス(ESCO事業)を2件導入すること
が出来、さらに2件の案件について、成約前の商談を実施している状況です。

 その民間事業者は建設会社と耐火物メーカーで、いずれも省エネサービスを
導入しました。どちらにも、エネルギー効率の高い空調の導入と蛍光灯の安定
器交換を実施し、合わせて16トンの二酸化炭素排出量が年間で削減される見
込みです。

■新規事業(太陽熱温水システムとグリーン電力証書)
 一方、今年度から一般家庭向けに本格的に販売を開始しました太陽熱温水シ
ステムも、すでに導入が完了し、導入したお客様から「自然エネルギーって、
使ってて気分が良いね。」と感想をいただきました。
 家庭の二酸化炭素の排出量は、年間1億7500万トンを占めているようで
す(2005年度)。そのうち給湯部門が23%を占めています。一般家庭で使
用する「給湯」を見直すだけでも、二酸化炭素排出削減に対して、その効果は
絶大です。しかも、導入コストに対する回収期間も短く、約3年から7年とな
っております(LPガスを給湯の熱源としている場合)。地球温暖化を危惧され
ている皆様にお奨めの1品です。
 この数年間、液晶テレビが爆発的に売れているようですが、その販売に負け
ないように、使っているだけで、その経済性や安心を実感できる太陽熱温水シ
ステムを一般家庭に導入していただけるようにお願いしていきたいと思います。

 また、備前グリーンエネルギーでは「グリーン電力証書」の販売も始めまし
た。これらの仕組みについては、下記のEnergyGreenのホームペー
ジを参考にしてください。
http://www.energygreen.co.jp/

■これから、そしてお願い・・・
 「備前みどりのエネルギーファンド」の事業も残すところ、8ヶ月。これか
らが正念場です。今年も多くの若葉(省エネルギーや自然エネルギーを導入し
た施設)を増やせるように、スタッフ一同、気を引き締めて、事業に取り組ん
でまいります。

 尚、「備前みどりのエネルギーファンド」のA号出資に関しては、残り約21
00口(1口10万円、残り募集枠約2億1000万円)を引き続き、募集し
ております。
 http://www.bizen-greenenergy.co.jp/contents/fund_about.html

 前段申し上げましたが、省エネサービス事業は、身近で着実にエネルギーを
削減することができる事業です。二酸化炭素排出削減量が目に見えてわかる我
々の事業に、引き続き皆様からの応援をお願いします。

【備前グリーンエネルギー株式会社】http://www.bizen-greenenergy.co.jp/


−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://isepseenarchive.blog88.fc2.com/tb.php/319-6d8ccef9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。