上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4)今年こそは、気候変動防止への行動が起こる年に
                      大林ミカ(ISEP副所長)

 新しい年を迎えても、物理的な時間が経過したに過ぎず、何事も進展してい
ないような錯覚に陥りそうです。昨年の新年号では、2005年末のモントリ
オールでのCOP11/COPMOP1をとりあげ、昨年こそが地球温暖化防
止に向けた飛躍の年となることを願いました。しかし、日本の取り組みは何ら
進んでおらず、むしろ悪化しているようです。昨年10月末に英国政府が発表
したスターン・レビューは「気候変動の被害は両大戦以上におよび、政策に失
敗したら約900兆円もの損害があるが、今すぐに対応すれば45兆円=世界で
広告に使われている金額と同じ」としています。日本でももうすぐ、SEEN
でも何度か取りあげた「不都合な真実」が公開されます。程なくして、より深
刻化した状況を伝えるであろう気候変動政府間パネル(IPCC)の第四次評
価報告書が発表されます。今年こそは、もうこんなに時間がないという事実を、
より多くの人が共有し、行動が起こることを願います。


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://isepseenarchive.blog88.fc2.com/tb.php/294-c5ada492
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。