上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2)風力発電から始まる、地域と人、人と人の結びつき
              丸山康史(グリーンエネルギー青森 理事長)

 昨年は、風力発電をとりまく状況がさらに悪化している印象がありました。
電力会社の対応は相変わらずですし、政策的な後押しも期待できそうにありま
せん。自然環境や景観への影響から反対運動が起こる例も目立ちました。
 けれども、これは大半の風力発電事業が地球温暖化の防止のみをメリットと
するような現状が招いたものでもあると考えています。市民風車には、こうし
た現状を変える大きな可能性があり、これを最大限引き出すことが私たちの使
命だと感じています。
 青森の「市民風車わんず」が注力してきたことは、風力発電による利益を市
民で共有するだけではなく、これを地域と人、人と人との結びつきに発展させ、
そこから新たな事業や意欲を引き出すことです。これまでも地場産品の販売な
どに取り組んできましたが、今年はいよいよリンゴの剪定枝を利用したバイオ
マス事業を本格的に展開できそうです。こうした取り組みの総体としての未来
への希望を、自然エネルギーを後押しする力に変えていきたいと思います。


++++++++++
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://isepseenarchive.blog88.fc2.com/tb.php/292-67dc6fb2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。