上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4.プロジェクトフラッシュ

1)「薪づくり&たき火クッキング体験」
                  成田真澄(備前グリーンエネルギー)

備前みどりのまほろば協議会では、11月19日に備前市民を対象に「薪づく
り&たき火クッキング体験」を開催しました。備前市では身近に存在するもの
の、滅多に入らない森に入り、自ら燃料を取り、エネルギーをつくりだす過程
を楽しみながら体感する催しです。
参加者は、大人10名とこども15名でした。当日は小雨が降ってしまいまし
たが、子供たちはなんのその、元気いっぱいに参加してくれました。
そして、今回のイベントは備前市森林組合に後援をいただき、準備・運営から
協力していただいて開催することができました。

集合した参加者は、始めに備前市森林組合組合長の小寺さんから、森のお話を
伺いました。小寺さんが幼い頃には、よく森に入って遊び、生活に必要な資源
をとっていたそうです。そして森に人が入らなくなったころから、森は暗くな
り様子が変わってしまったとのお話でした。
次にみんなで森へ移動し、森林組合の方々にチェーンソーでの丸太切りを実演
していただき、みんなで薪割りに挑戦しました。森林組合員の方々は上手に割
っており、見とれてしまうほどなのですが、自分でやってみるとなかなかうま
く割れません。大人の参加者にも初めての体験で、苦労しているようでした。
そして、束ねた薪をみんなで運んで、いよいよ火おこしです。
薪と枯葉をうまく空気が入るように摘んで、火をつけます。始めは煙が出てい
た薪も、よく燃え出すと煙が出なくなります。自分たちで竹にパンを巻きつけ、
おこした火でパンを焼きました。競って火の周りに集まる子供たちには、少し
くらい焦げても、自分で焼いたパンはおいしいようです。
お焼きやダッチオーブンで調理した鶏の丸焼き、焼きマシュマロなど、薪や炭
で料理したもののおいしさ、楽しさを存分に味わうことができました。

参加者からは、「炎を使って料理することの大変さと楽しさを子供たちと一緒
に体験できてよかったです。」「通常の生活では決して体験できないことばかり
なので子供たちはいい経験ができたと思いました。」などの感想が寄せられまし
た。
森林バイオマス利用の達人である森林組合員の方々から、子供たちを含め参加
者は色々なことを教えてもらうことができました。今後も地域の自然や資源を
活かした活動をしていきたいと思います。


++++++++++
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://isepseenarchive.blog88.fc2.com/tb.php/288-bfde75e0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。