上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1. 風発「フラガールとサッカーの旅から」
                        飯田哲也(ISEP所長)

先日、福島県いわき市に講演で呼ばれた折りに、せめて現地に行く前に見なけ
ればと思い、多事の合間をぬって評判の映画「フラガール」(李相日監督)を見
た。アカデミー賞にもノミネートされている前評判どおり、心地よい涙を誘う
佳作である。時代背景は、1960年代半ばの石炭から石油へというエネルギー革
命のまっただ中だ。斜陽していく産炭地常磐(いわき)で、「炭坑夫の炭坑夫に
よる炭坑夫のためのハワイアンセンター」の創設を、女性の成長物語として描
いたものだ。フラガールに挑戦した炭坑夫の娘も、ハワイアンセンターに挑戦
した炭坑経営者も、まったくの「異業種」への参入である。現実には、映画以
上の筆舌に尽くしがたい困難があったことだろう。

今日のいわき市は、合併効果があるとはいえ、30万人近い人口を擁し、南東
北では賑わいのある中核都市として栄えている。当時、石炭産業は、常磐地域
全体が炭坑と言われたほど地域経済の中心だった。その炭坑閉山に伴う大きな
地域変動を、常磐地域は、衰退していくことなく乗り越えることができたよう
に見受けられる。経済効果や雇用効果を考えれば明らかなように、一リゾート
施設だけで乗り越えられたことはありえず、むしろ例外的な話題の一つにすぎ
なかっただろう。それでもなお、常磐ハワイアンセンターの創設物語に、この
地域再生のカギが見てとれるのである。

繋がっているのは、炭坑を苦しめた大量のお湯(温泉)と人である。この2つ
の「資源」を元手に、単なるハコモノ建設でもなく、安直な外部産業誘致でも
ない、クリエイティブな力(想像力と創造力)で「異業種」への参入を成功さ
せたのである。これはまさに、ある場所に何らかの事由(一次産品の産出や手
工業の創始など)が人の集積を生み、その人の集積が新しい経済を発展させて
今日の大都市に発展してきたと分析したジェイン・ジェイコブスの創造都市論
そのものといえる。対極的に、日本各地の地方都市を訪れるたびに、脳みそが
流れ出たように賑わいが消え、寂れゆきつつある中心市街地を目の当たりにす
る。かつては工業一辺倒の企業誘致、その後は公共事業を「産業」としながら、
その整備した道路に沿って、市街地は周縁に拡散し、人々はより賑やかに見え
る「都会」へと吸い上げられてきた。あまりに想像力の欠けた都市「発展」の
姿ではなかったか。

さて、地域の力で脱石炭産業を乗り切ったいわき市が、豊富な「地域資源」(風
力、太陽光、温泉熱)を活かして、今度は、「新エネルギー革命」への先導役と
なれれば象徴的かもしれない。そんなことを考えながら、「常磐ハワイアンセン
ター」(現スパリゾート・ハワイアンズ)で迫力のあるフラガール・ショーを眺
めた後で、日本初の「カーボンゼロ・サッカーゲーム」にグリーン電力提供者
として出席するために、鹿島サッカースタジアムに移動した。余談だが、いわ
き市も鹿島サッカースタジアムも東京からは直通バスで結ばれているが、その
両地点間の移動は、実に不便である。優勝も絡まない最終戦だが、2万人近い
ファンや観客が集まっていた。鹿島アントラーズは、今年、茨城県からスタジ
アムの指定管理者の指定を受けて、新しい試みを始めたところだ。その第1弾
が、日本初の「カーボンゼロ・サッカーゲーム」というわけだ。まだ「都市」
どころか「卵の黄身」にも及ばない状態だが、いつの日か、ここも人の賑わい
の拠点となり、「都市」となるか。いや、鹿島やいわきだけではなく、日本の全
国各地で、地域の、そして一人ひとりのクリエイティブな力が問われている。

                        飯田哲也(ISEP所長)


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://isepseenarchive.blog88.fc2.com/tb.php/285-c609e7c6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。