上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6.プロジェクトフラッシュ
  暑くて熱い「備前エコフェスタ」
                 井筒耕平(備前グリーンエネルギー)

夏真っ盛りの8月5日、事務所が所在する備前市役所吉永総合支所近辺で「備
前エコフェスタ」を開催しました。気温36度という酷暑の中、たくさんの家
族連れやまほろば事業に興味のある地元の方々およそ300名にご参加いただ
きました。

会場では、地元の方の参加によるフリーマーケット、水島工業高校によるBD
F(バイオ・ディーゼル燃料)車試乗会、木を使った子どもの遊び場、花炭体
験(花や葉を炭化させたもので、観賞や消臭に利用)などが開催され、特にお
子様には大変喜ばれておりました。

ところでイベントといえばゴミも問題になるのですが、今回のお弁当はリユー
ス食器を利用し、ジュースもリターナブル瓶を利用しました。昔ながらの瓶ジ
ュースは、乾いた喉を潤してくれました。お弁当の他におにぎりも出品されま
したが、こちらは地元の自然素材である朴葉に包まれており、なんともいえな
いいい香りを漂わしていました。このような工夫により、ゴミ減量に成功した
だけでなく、来場者のみなさまに自然素材の豊かさを感じていただくことがで
きたのではないか、と思っております。

スタッフも奮闘しました。今回のイベントには、備前グリーンエネルギースタ
ッフの他に、大阪外大のインターン学生や地元の畜産農家の若いボランティア
の方に初めて参加していただきました。地元の方の中でも若い方の参加はこれ
までに無く、若いセンスと強い発信力による事業の更なる発展を期待しており
ます。さらに、地元の方であれば、口コミでの広がりも期待できますので、次
回以降は二人、三人と巻き込んでいけたらよいなと思います。

最後に今後のイベントについての展開ですが、今回のイベントはこれまで各地
で開催されている環境イベントと比較して、それほど変化の無いものでした。
今後は、「環境」という枠にとらわれず、「和風」「北欧」「地元の素材」「食」
「自然環境と音楽」「写真」など、暮らしの提案をテーマにしたような一風変わ
ったイベントを展開できたらおもしろいかと思います。切り口を変えることで、
地元の人たちにおもしろがって参加していただき、まだまだ知られていない備
前まほろば事業を応援していただけるよう仕掛けていきたいと考えています。
始まったばかりの備前のイベントプロジェクト、今後も目が離せません。


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://isepseenarchive.blog88.fc2.com/tb.php/269-ff6e5c3a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。