上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3)ISEP・GEN共催シンポジウム
「新しい自然エネルギーを目指して」レポート
                    黒崎一徳(ISEPインターン)

5月25日、2006年GEN(「自然エネルギー促進法」推進ネットワーク)
総会を記念してISEPとGENの共催によるシンポジウム「新しい自然エネ
ルギーを目指して~RPS法改正に向けて~」が開催された。約80名の方に
ご来場いただき、活気のあるシンポジウムとなった。

シンポジウムでは、前半が大野輝之氏(東京都環境局)、レスター・ブラウン氏
(アースポリシー研究所所長)による基調講演が行われ、後半は大野輝之氏、
伊藤吉幸氏(ソニー・ミュージックコミュニケーションズ 常務執行役員)、蟹
江憲史氏(東京工業大学大学院社会理工学研究科 助教授)、竹本徳子氏(カタ
ログハウス 取締役エコひいき事業部長)、西川太一郎氏(荒川区長)によるパ
ネルディスカッション(コーディネータ:飯田哲也氏 ISEP所長・GEN代
表)が行われた。

基調講演では、大野氏より、持続可能な都市を目指す東京都の、都市としての
現状や取り組みの姿勢について、海外の都市の紹介も含めながら説明がなされ
た。また、今年4月に東京都が策定した「再生可能エネルギー戦略」について
の報告があった。
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2006/04/20g43100.htm

一方、ブラウン氏からは、世界的なエネルギー消費の増大という背景をふまえ
て、食糧であり燃料でもある農産物(とうもろこし・さとうきびなど)の話が
あった。また、世界の再生可能エネルギーの動向についても触れ、世界がその
普及に向けて直ちに行動しなければならないというメッセージが発信された。

パネルディスカッションでは、今回の東京都の再生可能エネルギー戦略を題材
に、ビジネス、国際政治外交、地方自治体の政策など様々な立場から意見が交
わされた。

今回のシンポジウムでは、東京都の再生可能エネルギー戦略に対する周囲の期
待の高さがめだった。世界有数の都市である東京の施策が、他の都市に与える
インパクトは、大きなものになるに違いないし、実際にそうした期待の声をパ
ネリストやご来場の方々から直接伺えたのが興味深かった。またこの戦略を策
定した、当の東京都の大野氏の発言の一つ一つが心強く感じられたことも、印
象的だった。

今後の東京都の再生可能エネルギーの施策にしっかりと注目していきたい。


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://isepseenarchive.blog88.fc2.com/tb.php/244-f237f8d6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。