上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1. 風発 「非知性の暴力」
                       飯田哲也(ISEP所長)

まず、3月24日に、北陸電力志賀原発2号機に対する差し止め訴訟で、画期的
な原告勝訴の判決があった。想定している規模を超える地震が起こりうるため、
具体的な危険があり、志賀原発2号機は運転してはならないという判決で、至
極合理的なものだ。「画期的」なのは、従来、この程度の「合理的」な判断が極
めて希であったという司法界の異常識にあるのだが、2003年の名古屋高裁
金沢支部によるもんじゅ判決など、徐々に当たり前の判決も見られるようにな
っている。

しかし問題は、北陸電力の対応である。敗訴を予想していた北陸電力は、なん
と判決前の3月15日にすでに同原発を運転開始しているのである。運転さえ始
めてしまえば、強制差し止めなどできず、未だに異常識が通用する上級審に持
ち込めば勝てるとタカをくくっているのであろう。恥を知れ、といいたい。同
社のホームページには、「企業の社会的責任」(CSR)だの「コンプライアン
スの徹底」だの、今日の企業社会における「はやり言葉」が並んでいるが、そ
の虚しさを感じないのだろうか。

そして今度は、核燃料サイクルを巡る一連のドタバタ劇である。核燃料サイク
ルが「オヤジの妄想」の産物に過ぎないことは、これまでにさんざん論じてき
たので繰り返さない。ここで問題にしたいのは、「妄想オヤジどもの見え透いた
連係プレー」である。このことはゴールから見れば、はっきりと分かる。何と
しても2005年度中の売り上げを立てたい日本原燃と電力会社は、「200
5年度中の操業開始」というアリバイをつくるために、3月31日(またはそれ
以前)にアクティブ試験開始という「〆切」をあらかじめ設定していた。すべ
てはそこに向けて逆算されている。青森県と日本原燃とのアクティブ試験に関
する安全協定の締結があり(3月29日)、その前に古川佐賀県知事によるプル
サーマル同意(3月26日)がスケジュールされていたのである。

なんという下品。なんという非知性。自らが社会全体や歴史に対して及ぼして
いる「大いなる愚行」への畏れに欠けているだけでなく、内容の科学的・合理
的な妥当性すら評価せず、たんに「手続き」だけでコトを進めているのである。
このことは、佐賀県や青森県が公表した「検証」が、あまりに虚ろであること
がはっきりと証明している。

こうした「非知性の暴力」が、いたるところで日本社会を壊し続けているので
ある。妄想オヤジどもの暴力と暴走を食い止めること、そこから日本社会の再
生が始まる。
                       飯田哲也(ISEP所長)


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://isepseenarchive.blog88.fc2.com/tb.php/222-e9a54721
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。