上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3)「備前みどりのまほろば事業のこれまでのあゆみ」
           岡山咲子(備前みどりのまほろば協議会インターン)

 3月3日をもって「備前みどりのまほろば事業」がようやく一つのスタート
ラインに立ちました。いよいよ市民出資募集が開始されるのです。そこで、こ
こにいたるまでの軌跡を振り返ってみたいと思います。
 私が備前にインターン研修生として住みはじめたのは、今から4ヵ月半前の
10月中旬でした。備前の山々はまだ紅葉しておらず、夏の名残を感じる青色
でした。この頃は協議会も発足したばかりで、スタッフもパートナー会社の設
立に追われていました。
 備前の山々が赤くなり、短い秋が過ぎようとした頃、会社設立に向けてにわ
かに忙しくなりました。そして、12月8日に無事に『備前グリーンエネルギー
株式会社』が誕生し、事業の根幹部分に着手できるようになりました。備前市
内の事業所や公共施設に診断にまわり、自然エネルギーや省エネルギーの設備
設置の可能性を調査していきました。私が主に携わっていたソフト事業でも、
エコフェスタやエコツアーなどの企画が動き始めました。
 毎朝水道の水が凍ったり、畑に霜が下りたりする寒い冬が訪れた頃、新聞各
紙でこの事業のことが取り上げられ、「備前みどりのまほろば事業」は徐々に本
格化していきました。私はソフト事業の一大イベントである「備前エコ体験シ
リーズ」の『エコツアー:自然のエネルギーを実感・体験しよう!』を企画し、
2月4日に実施しました。45名の参加者とともに、兵庫県の薪ストーブショー
ルーム(ハリマ興産株式会社)と風力発電施設(五色町)、太陽熱利用の温泉
(一宮温泉まほろばの湯)を巡り、バスの中でも自然エネルギーについて解説
をしたり、事業の説明をしたり、有意義に過ごしました。最後に参加者の方に
書いていただいたアンケートから、みなさんが自然エネルギーを身近に感じる
ことができ、満足のいくツアーだったということが分かりとても嬉しかったです。
 寒かった冬も去り、春の訪れを感じさせるような三寒四温の今日この頃、備
前グリーンエネルギー株式会社として第1号となるグリーン熱ストーブ(薪ス
トーブ)の設置施工が完了し、ハード事業がいよいよ加速段階に入りました。
また、今月から市民出資の募集が開始したことに伴い、全国4ヶ所箇所で説
明会が開かれます。ソフト事業の面でも、協議会のイメージキャラクターのネ
ーミングが決定したり、ホームページが正式にオープンしたりと充実していま
す。
 これからも「備前みどりのまほろば協議会」と「備前グリーンエネルギー株
式会社」の双子の兄弟は、「備前みどりのまほろば事業」の担い手として、全国
のみなさんのご協力をいただきながら成長をしていくと思います。私自身もこ
の4ヶ月半で大学では決して教わることはない、実用性のあることをたくさん
学び、感じ、精神的に成長することができました。インターン研修期間が終了
した後、離れても備前のプロジェクトを見守っていきたいと思いますし、でき
るかぎりお手伝いもしたいと考えています。本当に感謝しています。

           岡山咲子(備前みどりのまほろば協議会インターン)


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://isepseenarchive.blog88.fc2.com/tb.php/221-2fca2c67
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。