上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6.プロジェクトフラッシュ
「ライフスタイルフォーラム2005/2006」
                    中尾敏夫(ISEPインターン)

 環境エネルギー政策研究所(ISEP)とグリーン電力パートナーシップ(G
PP)は、1月14日にライフスタイルフォーラムにて、公開セミナー『グリ
ーン電力を使うLOHASなくらし』を開催した。ライフスタイルフォーラム
は、環境省とNGO、企業、消費者団体など計20の実行団体によって主催さ
れるイベントである2000年から毎年開催され、今年で6回目を迎える。

 当日の公開セミナーでは、3名の講演とパネルディスカッションが行われた。
 最初の講演者はNPO法人ローハスクラブ/ローハスアカデミーの國田薫氏
である。講談社から1月19日に出版された「日本をロハスに変える30の方
法」の著者の一人でもある國田氏は「ボルダーに見るLOHASなくらし」と
いうタイトルで、米国コロラド州ボルダー市におけるグリーン電力とLOHA
Sマーケティングの関係を例に、LOHASなくらし方を紹介した。環境意識
の高いボルダー市では、グリーン電力を購入している商店は、まさにありふれ
た風景だ、という。

 次の講演者はグリーン電力パートナーシップのジャーナリストで、本誌の編
集長でもある本橋恵一氏であった。「グリーンで豊かな想像力」と題した本橋氏
の講演内容は、グリーン電力の持つ「見えないものの価値」の存在とその共有
について述べたもので、講演の最後には「物語化された見えない価値」に対す
る想像力の大切さとLOHASとの関係について言及されていた。

 3人目の講演者は日本自然エネルギー会社社長の正田剛氏である。正田氏は
「“グリーン電力証書システム”と生活シーンでの活用提案」というタイトルを
掲げ、「グリーン電力証書システム」の説明や企業によるこれまでの利用事例を
紹介した。その上で正田氏は、昨年夏から新たに始まった個人向けのグリーン
電力証書商品を取り上げ、グリーン電力の生活シーンへの提案を行った。

 セミナーの最後には、環境エネルギー政策研究所副所長の大林ミカ氏をコー
ディネーターに迎えたパネルディスカッションが行われた。前述の三氏の講演
内容を中心とした意見交換に加え、フロアーからは「グリーン電力証書システ
ムにおける供給側への経済的報酬について」や「出資型のグリーン電力につい
て」など、様々な質問が寄せられた。

 國田氏の講演では、LOHASなくらし方が経済的に余裕がある人にしかで
きないと思われがちなことに対して、「自覚的・自律的な生活者になる」という
LOHASの本質を示していたことが印象的であった。この「自覚的・自律的
な生活者」というキーワードは未来社会のビジョンを描く上で非常に重要な存
在となりうるだろう。それは、科学技術の発展によって我々の生活が与える影
響が非常に広範囲に及ぶようになったにも関わらず、我々がただ他律的に与え
られるものを無自覚に消費するだけ生活者になり下がってしまっていることに、
現代の社会問題・環境問題の源があると考えるからである。自分が与える影響
と自分に与える影響に対して自覚的になり、そのつながりを自律していくよう
な「LOHAS」という考え方は、このような問題を解決する可能性をその本
質に秘めていると私は考える。

 このような視点から見ると、本橋氏が強調した、グリーン電力の持つ「見え
ない価値」に対する想像力は、「自覚的・自律的な生活者」となるためには必要
不可欠なスキルであるといえる。同時に、LOHAS的な視点から見たグリー
ン電力の要点は、単純に「再生可能エネルギー電力を使える」という面にでは
なく、「自分はどの電源を使うか」という選択肢を与えられる中で、自覚的・自
律的に電力を使うようになるという面にあるといえるだろう。そしてこの選択
肢が個人のレベルで与えられてこなかった現状に対し、正田氏によって提案さ
れたグリーン電力の生活シーンにおける活用は、「自覚的・自律的な生活者」と
なるための一つの手段になりえるだろう。
 
 以上のような講演とディスカッションが行われた本セミナーは、約40名程
度の参加者を得て二時間に渡って行われた。参加者の関心が非常に高かったこ
ともあり、非常に有意義なセミナーが実現したと言える。

                    中尾敏夫(ISEPインターン)


−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://isepseenarchive.blog88.fc2.com/tb.php/213-b789a31f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。