上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2)備前市「平成のまほろば事業」(ソフト事業)
〜市民のみなさんとのパートナーシップによるプロジェクトです〜

          岡山咲子(備前みどりのまほろば協議会 インターン)

(1)備前みどりのまほろば協議会について

 備前市は環境省から平成17年度「環境と経済の好循環のまちモデル事業」
に全国10ヶ所の環境モデル都市の一つに選ばれました。このモデル事業では
選定された地域を対象として、普及啓発等のソフト事業(委託事業)と代替エ
ネルギーまたは省エネルギーに係る設備を設置するハード事業(交付金事業)
を実施することが求められています。私たちは、ハード事業として先述したよ
うな「グリーン熱サービス」と「省エネルギーサービス」という設備を設置す
る事業を実施し、ソフト事業として市民への普及啓発活動等を実施します。主
にソフト事業を実施するため、昨年9月に『備前みどりのまほろば協議会』が
市民・行政・事業者の協業により発足し、主にハード事業を実施するために昨
年12月に『備前グリーンエネルギー株式会社』が設立されました。
 『備前みどりのまほろば協議会』は住民参加と市民、事業者、行政のパート
ナーシップを大切にした備前市における環境と経済の好循環の実現を通じた持
続可能なまちづくりに資することを目的としており、会員は備前市に所在する
市民団体や組合、商工会などのメンバーで構成されています。

(2)市民への普及啓発活動(ソフト事業)について

 ソフト事業は大きく2にあります。1つは「備前みどりのオフィス事業」で、
自然エネルギーに親しんでもらうために自然エネルギー施設を見学するエネル
ギーツアーを実施したり、住民の事業への親近感高揚を図るために協議会のイ
メージキャラクターを製作し、地元の小学生を対象にネーミング募集のキャン
ペーンをしたりしています。また、地域住民や関係業者を対象に自然エネルギ
ーについての知識や環境保全の意識を高めることを目的に、展示スペースを設
け情報発信を行なう「環境エネルギーオフィス(仮)」を設置します(3月完成
予定)。このモデルとなっているのは自然エネルギーの普及で先進地である北欧
の、環境エネルギー事務所(http://www.isep.or.jp/kako/samsoe.html)です。
このような環境エネルギーオフィスの設置は日本で初めての取り組みとなりま
す。
 ソフト事業のもう1つは「まほろば伝道師事業」といい、地球温暖化防止を
テーマに一般環境普及啓発用イベントや体験学習、まほろば事業説明および市
民出資募集説明会等の開催を通じて、各世代の方々の生活に自然エネルギーや
省エネルギーを取りいれて貰うように意識浸透を図ります。地元の里山で自然
の力を実感し、エネルギーとして活用してみるというワークショップ(1月7日
実施)では、大勢の子どもたちが参加して、講師の説明を受けながら、椎茸の菌
植えを行なうなど、自然を身近なものとして感じる体験ができました。

 私は昨年10月からインターン研修生としてこの協議会で働き始めました。
行政、市民、事業者のみなさんが協力して一生懸命新しいことを成し遂げよう
としている姿に、私も自分の研究を忘れて仕事に没頭しています。このソフト
事業では地元の市民団体の方と一緒に企画して、実行するイベントがたくさん
あるので、地域に溶け込んだ協力体制を築くことが重要だと思いました。また、
環境省からの交付金は3年間の期限付きなので、3年経った後に、この事業で
の成果が備前市にどのように根付いていくのか、協議会の活動がどう発展して
いくのかが今から楽しみです。

備前みどりのまほろば協議会ホームページ http://www.bizen-midori.jp/
びぜんみどりのまほろば日記(当協議会公式ブログ)
 http://blog.drecom.jp/bizen-midori/

岡山咲子(備前みどりのまほろば協議会 インターン)


−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://isepseenarchive.blog88.fc2.com/tb.php/208-21ed35d8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。