上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1. 風発 「ビゼンスタイルという提案」
                       飯田哲也(ISEP所長)

 本特集で取り上げる岡山県備前市は、備前焼で知られる旧備前市と、豊かな
里山に恵まれた旧吉永町、瀬戸内の海の幸に恵まれた旧日生町が昨年4月に合
併して誕生した新市である。その備前市が取り組む「平成のまほろば事業」に
は、ISEPが実質的なパートナーとして全面的に協力している。ISEPは
たんに「コンサル」として関わっているのではなく、旧吉永町が産廃処分場問
題に揺れた時代から、私自身、地域の運動を担ってきた方々との縁があり、全
人格で付き合ってきた積み重ねの上で生まれたプロジェクトである。
 さて、この備前のプロジェクトの特徴は、自然エネルギーの熱利用を軸に据
えていることだ。電力会社が障害となっている自然エネルギー電力以上に、自
然エネルギーの熱利用の状況は深刻だ。太陽熱温水器市場は崩壊状態にあり、
バイオマスの熱利用も未熟な状況にすぎない。とはいえ、技術開発や補助金で
どうにかなるものではない。市場形成を促す適切な温熱政策がなく、効果的な
事業モデルもなく、そしてユーザーの価値が尊重されていないといった、典型
的な「市場プル戦略」の欠落に原因があるからだ。
 備前のプロジェクトでは、とりわけ最後のユーザーの価値に焦点を当て、こ
れを「ビゼンスタイル」と定義している。「用の美」を極めた備前焼と同じよう
に、シンプルでありながら機能的で凛とした暮らしのあり方。つまりビゼンス
タイルとは、自然エネルギーの熱利用の見えない価値や負のイメージが、目に
見えるプラスの価値へ転じるキーワードなのである。
 加えてビゼンスタイルとは、(広告代理店風にいえば)(1)地域エネルギー
事業というスタイル、(2)市民参加と協働のスタイルも表象している。これら
をとおして、地域のエネルギー自立のすがたが見えてくることを期待している。

                       飯田哲也(ISEP所長)


−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://isepseenarchive.blog88.fc2.com/tb.php/207-314098a0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。