上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
<< Sustainable Community/地域社会 >>
地方自治体木質バイオマス政策アドバイザリー

ISEPでは山口県と福島県の農林部から委託を受け、地域の木質バイオマス政策
調査を行っています。

木質バイオマスの大幅な普及には間伐材や林地残材等の山元からの収集や木質
ペレットの製造といった「入り口」対策も重要ですが、同時にエネルギー実際
に使う需要側の視点に立った「出口」に対応する政策も大きな課題になってい
ます。木質ペレットストーブの一般家庭への普及や地域熱供給は上質なエネル
ギー供給を実現します。

山口県への政策提案では、県による木質バイオマスの「グリーン購入」や100
%自然エネルギー地域を事業として成功させるビジネスモデルへのパートナー
シップなど、地域や民間によるバイオマス市場育成のための県としての役割を
提言しました。福島県の調査では県内の木質バイオマス資源量やその利用方法
と費用事例等、現地での調査を踏まえた総合的な基礎資料をまとめています。
これまで焼却処分をしていたダムの流木を木質ペレットにして、地元の保養施
設の暖房や給湯に利用する事例等、将来的には全国レベルで取り組める特色の
ある利活用事例も数多く見られました。今後とも、地域発・地域自律のための
エネルギー利用を考えていきたいと思います。(小圷一久)

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://isepseenarchive.blog88.fc2.com/tb.php/16-966bb56f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。