上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1. 風発 「貧エネルギー舞台」               飯田哲也

新エネルギー部会がひっそりと再開された。初回を傍聴した知人の記者からは、
「あまりのくだらなさに居眠りをした」「『貧エネルギー部会』という感じ」と
の感想が送られてきた。大手メディアはどこも報道せず、唯一報道した毎日新
聞は、経産省の「社会的ウソ」をそのまま垂れ流す記事だった。同社の別の記
者からは、小生を外したことが最大のニュースだったとのコメントを頂いたが、
無論、そのような報道も見あたらない。

さて、今回の新エネルギー部会で小生を委員から外すにあたって、わざわざ荒
木新エネルギー政策課長から直々に「ご説明」を頂いた。都合の悪い審議会委
員など、問答無用に切り捨てるのが官僚文化だが、小生を「切り捨てる」には、
彼らの論理からしても、それだけの「手続き」が必要であったのだろう。

・・で、肝心のその理由というのが、委員の数を削減したことと、女性委員を
増やす必要があったからというものであった。これに対するタテマエ上の反論
は、すでにGENのプレスリリースで述べたので繰り返さないが、このような子
供だましにもならない理由を説明しなければならない荒木課長にこそ、ご同情
申し上げる。荒木課長は、経産省特有のバイアスを除けば、新エネRPS法の
問題点を理解している優れた新エネ課長であると高く評価しており、「ご同情」
というのは皮肉ではなく、ウラに抱えたものへの拝察である。

この先、本当に重要な論点は、けっして新エネルギー部会など表舞台では議論
されないだろう。なぜなら、こうした審議会は「カミシモ」を着て演じる「舞
台」であり、仮にそこで正式に「表の論点」となったものは、すべて主要な関
係者(とくに省庁間・省庁内や電力会社)が合意した「落としどころ」が用意
されている必要があるからだ。電力会社も、1社内だけでなく、電事連大の「表
舞台」で合意できるものを求めるから、ますます硬直的で歪んだ「落としどこ
ろ」になっていく。このことは、系統問題の結論に蓄電池を設置するという、
およそ荒唐無稽な答申を行った系統連系小委員会を見れば明らかだ。本当に重
要な論点は、迂闊には表の場には乗せることができないのである。かくして「貧
エネルギー舞台」は回されていく。

このことは、「民主的で開かれた意思決定」というあり方には一見逆行するよう
だが、むしろ不幸中の幸いなのである。無論、「ウラの論点」でも省庁間・省庁
内や電力会社の論理主導でものごとが進んでいくことに変わりはないのだが、
「カミシモを着た舞台」でないだけ、建設的な場となりうる柔軟性や可能性が
ある。また、国会という、本来の公式の政策決定の場を活性化し、議論に関与
させることも重要だろう。審議会の形式性を逆手にとって、どこまで広がりの
ある「政策空間」(政策を議論する公論の広がり)を形成しながら、目指すべき
制度に近づけていけるか。自然エネルギー政策の第2ラウンドがいよいよ始ま
る。

                      飯田哲也(ISEP所長)


−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://isepseenarchive.blog88.fc2.com/tb.php/153-45ea4bec
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。