上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1.風発:よくわかる自然エネルギー(2)
                       飯田哲也(ISEP所長)

・エネルギー供給と自然エネルギー

 『自然エネルギーにエネルギー供給の主力は無理、補完的なエネルギーとし
て』という声を聞くことがあるが、まったくの誤解だ。
 まず量的に見ると、太陽エネルギーだけでも、現在世界全体の石油・石炭な
どの化石燃料や原子力発電のおよそ1万倍が降り注いでいる。これを太陽光発
電や風力、水力、植物など、様々な形態や技術を用いることで、代替エネルギ
ーとして使うことができる。3千倍程度の利用可能量があるという試算もある。
太陽エネルギー起源ではない地熱や潮力を加えると、それ以上の有り余る量の
自然エネルギーを人類は使えるのだ。
 『自然エネルギーは密度が薄くて使えない』『広い土地が必要』という批判も
目にするが、これも正しくない。たとえば集中太陽熱発電を、広大なサハラ砂
漠のわずか10キロメートル四方に設置すればヨーロッパの電力を賄え、30
キロメートル四方で世界の電力が賄えると試算されている。『生み出す以上のエ
ネルギーが必要』という批判もあるが、これも古い知識だ。今や太陽光発電や
風力発電は1~2年で製造エネルギーを取り返すことができる。
 自然エネルギー普及のほぼ唯一の課題はコスト高だったが、風力発電のよう
に競争力を持ったものやそうでなくても政策によって効果的に普及させること
ができることを知った世界各国が、雪崩を打って自然エネルギーの普及競争に
走っている。
 日本は、1次エネルギーでわずか4%と先進国の中でもずば抜けてエネルギ
ー自給率の低い国だ。「原子力を含めると16%」という統計もあるが、ウラン
も輸入しているので不適切だ。ウラン供給が数年後に厳しくなるという予測も
あり、やはり冒頭の「4%」という純国産エネルギーの数字で考える必要があ
る。
 その日本が、自然エネルギーの普及にもっとも消極的であったという事実は、
世界にとっては七不思議、日本国民にとっては不幸なことだ。

・欧州がリードする自然エネルギー

 欧州は、世界の自然エネルギー拡大の大潮流をリードしてきた牽引車である。
今日でも、世界の自然エネルギー市場のほぼ半分を欧州が占めているだけでな
く、現在8.5%の自然エネルギー供給のシェアを、2020年までに20%
へと高める野心的な目標を掲げている。これは欧州が掲げる地球温暖化防止の
目標(2020年までに20%ないしは30%削減)を達成する上で太宗を占
める。
 それだけではなく、エネルギー安全保証と産業競争力とを同時に達成するこ
とを狙ったものだ。自然エネルギーは、それらを両立しながら達成しうるもっ
とも有力なエネルギーオプションという理解が欧州では共有されているのだ。
 もともと、北欧を中心とする環境先進国が新しい社会モデルを創造し、その
社会モデルや環境政策をドイツなど環境大国が導入し発展させながら、欧州全
体の大きな市場や政策空間へと拡げていったのである。
 たとえば木質バイオマスのエネルギー利用をリードしてきたのはスウェーデ
ンとフィンランドだ。林地残材や木質ペレットを使った小規模な温熱・暖房か
ら大規模な地域熱供給やコジェネに利用する社会モデルを創りあげ、欧州のバ
イオマス利用技術や市場・政策をリードしてきた。
 風力発電はデンマークが先駆的に利用拡大し、その後、ドイツやスペインに
市場が拡大してから一気に世界的な普及期へと広がっていった。日本がパイオ
ニアだった太陽光発電も、2000年にドイツが積極的な政策を導入してから、
市場も産業もドイツがリードするに至った。
 欧州連合27カ国は、まだ地域の発展度合いに大きな格差があるが、それを
是正する手段としても自然エネルギーを位置づけているほか、地域主権の原則
にしたがい、地域での自然エネルギー開発の取り組みを支援する、さまざまな
工夫がある。
 自然エネルギーは21世紀を担う産業になることが予見されており、欧州は
そのリーダーを目指しているのだ。

・アメリカの自然エネルギー

 アメリカの自然エネルギー政策の歴史を振り返ると、1970年代のカータ
ー政権に遡ることができる。カリフォルニア州に今でも数多く残る風力発電を
生み出しただけでなく、今日の世界が自然エネルギーの隆盛となったルーツで
もある。
 その後は、共和党政権が続いたほか、民主党政権でも連邦議会の同意が得ら
れないなど、連邦政府は自然エネルギーを冷遇してきた。その間は、カリフォ
ルニア州やテキサス州などの州政府が革新的な自然エネルギー政策を実践する
主役となった。
 そうした長い低迷期を経て、オバマ大統領の誕生がアメリカの転機となった。
オバマ大統領が事実上の生みの親となった「グリーン・ニューディール」は、
瞬く間に世界中を駆け巡り、自然エネルギーへの期待をグローバルに高める契
機となった。また、オバマ政権自らの自然エネルギー支援策も功を奏して、
2009年にはドイツを抜いて世界最大の風力発電大国となり、風力発電の雇
用者数が石炭の雇用者を上回るなど、着実に成果をあげている。
 「スマートグリッド」も、オバマ政権がグリーン・ニューディールのもう一
つの柱として提唱し、今やグローバルなうねりを生み出している。この「賢い
送電網」の構想に、シリコンバレーを中心とするアメリカのIT業界の人・モ
ノ・カネ・技術が、こぞって乗り出している。その象徴が、「自然エネルギーを
石炭火力よりも安くすること」を目標しているグーグルが、2月に電力事業の
認可を得たことだろう。
 現在、オバマ政権は、エネルギーと地球温暖化対策のための新法を上院で通
すべく、苦労している。とくにキャップ&トレードなどの地球温暖化対策は見
通しが厳しいとされているが、自然エネルギーの分野は、環境に優しい新しい
雇用(グリーンジョブ)を生み出し、エネルギー独立にも役立つことから、野
党(共和党)も支持すると見られている。
 今やアメリカが自然エネルギー大国として、世界をけん引しつつあるのだ。

「聖教新聞」2010年2月21日号、3月7日号、3月21日号掲載

                       飯田哲也(ISEP所長)
スポンサーサイト
2.連載「光と風と樹々と」(27)
   「小沢的なるもの」からの脱却なるか─民主党代表選の歴史的意義
                長谷川公一(環境社会学者 東北大学教員)

■小沢が負けたら
 民主党代表選は、菅直人首相と小沢一郎前幹事長の一騎打ちの形で争われる
ことになった。この選挙戦は色々な意味で注目される。「脱小沢路線」が鮮明に
なることによって、民主党の、日本の政治の分岐点になるかもしれない。
 各紙の世論調査で支持率の多い菅首相が勝ったならば、これまで幻想を抱か
せてきた小沢の政治力は一気に低下することだろう。民主党分裂の事態も危惧
されているが、少数の離脱は例えあったとしても、大分裂というようなことは
ないのではないか。小選挙区比例代表制のもとでは小党は不利だからであり、
民主党から飛び出した小沢らと、自民党から飛び出した与謝野馨・桝添要一な
どが、公明党などとも組んで、大きな旗印のもとに第3極の形成をめざすとい
うようなことは、考えがたい。平成になってからこの22年間の間にいろいろ
な新党が出来たが、成功したのは、民主党だけだったといっても過言ではない。

■小沢が勝ったら
 小沢が勝ち、そのまま首相の座に着いたならば、どうなるだろうか。党内は
名実ともに「小沢支配」が現出するだろう。しかし世論の支持率は低迷し、早
期に解散・総選挙という事態に追い込まれるのではないか。「政治とカネ」の問
題を抱え、国民向けの説明力に乏しい小沢首相が国民的な人気を博するとは考
えがたい。次の総選挙に民主党は敗北し、自民党を中心とした連立政権の復活
という事態になるのではないか。
 いずれにしろ、できるだけ表に出ないことで政治力を演出してきた小沢一郎
は、首相の座に直結する代表選に立候補したことで退路を失い、その政治力が
どの程度のものなのかを、代表選の票差という形で、白日のもとに曝すことに
なった。
 8月31日までの経過を見ていると、小沢自身が、本当に代表選に出たかっ
たのかどうか、必ずしも明確ではない。31日17時50分頃からの記者会見
を帰宅途中のラジオで聞いたが、出ると言いたいのか、出ないと言いたいのか、
終わり近くまでわからなかった。
 なぜこの機に、小沢が代表選に立候補し、総理の座をめざすのか。3ヶ月前
に、「政治とカネ」の問題の責任を取らされて、幹事長職の辞任に追い込まれた
人が、その後も何ら説明責任をはたすことなく、代表選に立候補することほど、
厚顔なことはあるまい。
 出るぞ出るぞ、と言いながら、最後は、矛をおさめて、人事上の取り引きを
することが小沢の戦術だったのではないか。その意味では、世論の支持を背景
に、談合を避けて、選挙戦での決着を選んだ菅は、小沢の底意を見抜いたと言
える。

■ボクは道化師-鳩山の滑稽
 事実上小沢の立候補の御膳立てをし、最後に仲介に失敗した鳩山由紀夫前首
相の一連の言動は、さらに滑稽の極みだった。9月1日付け読売新聞によると、
31日夕、鳩山は「周辺に「ボクはいったい、何だったんでしょうね」とぼや
いた」というが、その答えは道化師以外の何ものでもない。小沢への「恩返し」
発言をはじめとして、鳩山の発言や行動は、今回も支離滅裂だ。約60人とい
う鳩山グループなるものは、はたして本当に一致団結して、鳩山の指示どおり
に、小沢を推すのだろうか。

■小沢-反小沢が軸であってよいのか
 1989年8月に海部俊樹内閣のもとで、小沢が47歳で自民党幹事長に就
任して以来、22年間、日本の政治のかなりの部分が、小沢-反小沢を軸として、
小沢一郎への好悪や小沢からの距離、離反をめぐって動いてきた。1993年
8月の細川連立内閣の成立、1994年4月の同内閣の瓦解、6月の自社さき
がけ連立政権の誕生、2007年7月の参院選での勝利、ねじれ国会の現出、
9月の安倍退陣、11月の福田首相との大連立構想、2009年8月の総選挙
での勝利などである。
 平成になってから22年間の日本の政治の混迷に、小沢一郎は大きな影を落
としている。日本の政治の「貧困」とも、小沢は無縁ではない。
 結局、彼は何をしたいのだろうか。何を、どのような理念を実現したいのだ
ろうか。彼がリベラルでないことははっきりしているが、新保守主義との関係
はどうなのか。環境問題などに積極的な発言をしてこなかったこと、NPOな
どに関心がないことは理解できるが、どういう日本をつくりたいのだろうか。
 横路孝弘衆院議長や輿石東参院議員会長ら、小沢は、旧社会党系議員グルー
プと仲がいいが、これもわかりにくい。
 非論理的でわかりにくい、説明力に乏しい、小沢的なるものからの脱却、ま
た奇々怪々の鳩山の影響力の消滅、代表選を含めて、そういう方向に、今後民
主党は動いていくのではないだろうか。
(2010年9月1日記す)。

                長谷川公一(環境社会学者 東北大学教員)
3.ベルリンの風 第3回 バルセロナ 「バルセロナ・モデル」発祥の地
                     山下紀明(ISEP主任研究員)

 日本では記録的猛暑で、場所によっては一ヶ月半も熱帯夜が続いているそう
ですね。こちらベルリンはすでに秋の気配。最高気温が17、8度、朝晩は厚
手の上着が必須です。噂には聞いていましたが、本当にあっという間の夏でし
た。心地よい季節は終わり、長く厳しい冬に近づいています。研究仲間とは暖
かいところにこもって資料・データ集めに没頭するしかないね、と笑いあって
います。
 ベルリンに着いてはや3ヶ月、10ヶ月の滞在の3分の1が過ぎようとして
います。ドイツ語は練習の甲斐があり、友人との易しめの日常会話はこなせる
ようになり、辞書を引きつつ新聞の記事に挑んでいます。やはり気になるのは
エネルギー政策のニュースです。このところドイツでは原子力の運転期間延長
に関する議論が続いており、成長を続ける自然エネルギーとの対比も行われて
います。
「原子力論争がドイツ経済界を二分」(8月23日)
「2050年には自然エネルギー電力のみ」(8月30日)
「私たちには希望を持てるエネルギー政策が必要だ」(8月31日)
これらはドイツの有力紙「Die Zeit」オンライン版の最近の記事です。自然エ
ネルギーが大きな存在感を持っていることがよくわかり、日本との違いを実感
します。
 さて先月のハンブルクに続き、今回はもう一つの候補地であるバルセロナ(ス
ペイン)についてご紹介します。ベルリンからは飛行機で2時間半ほど、首都
マドリードからは高速鉄道で3時間ほどで、イベリア半島の付け根に位置する
スペイン第二の都市に到着します。独自の文化を発展させ、中世には地中海全
域に君臨したカタルーニャ地方の中心都市であり、現在は160万人が暮らし
ています。
 この街は世界遺産でもあるサグラダ・ファミリア聖堂やグエル公園といった
アントニオ・ガウディの建築群で有名ですが、2000年代に入って自然エネ
ルギー政策の分野でも著名となりました。その理由は2000年に導入された
太陽熱導入義務化(ソーラー・オブリゲーション:以下S.O.)です。S.O.
についてはこれまでもISEP関連の多くの場所でご紹介してきたのですが、欧州
ではバルセロナから始まり、スペイン中の50以上の自治体に広まり、
2006年にはスペイン全土に採用されました。バルセロナのS.O.は、建
物の新築・改築の際に一定割合以上(30%~70%程度)の太陽熱利用を義
務付けるものです。それまで例の少なかった自然エネルギーの熱利用について
の制度であり、業務・家庭部門への義務付けという二重の意味で重要な強力な
施策であり、「バルセロナ・モデル」として知られるようになりました。バルセ
ロナでの導入を端緒として、自然エネルギー熱利用全般に対象を拡大されたも
のを含め、地域の事情に合わせてバリエーションを拡げながら欧州のみならず
世界各地で次々と制度化が進められています。
 地元NPOがまとめた論文(参考資料1)では、バルセロナの成功要因とし
て3つの要素を挙げています。まず政治的意思、次に技術水準、そして市民の
参加。言い換えれば、政策決定者、企業、市民の三者の密接な関与です。特に
市民のエネルギー分野への参加は1980年代から続いており、そうした取り
組みがS.O.の導入に結びついたとしています。また1995年の市政選挙
の際に、持続可能性を課題の一つに掲げており、バルセロナ史上初めて緑の党
の候補者が出たことなども導入への流れを作っています。その後エネルギーの
市民会議や地域エネルギー機関などを設け、担当者の一人がある自治体で議論
されていたS.O.案にヒントを得て、バルセロナでの実現に向けた検討が始
まったそうです。(その「ある地域」とは、なんとベルリンなのですが、その後
検討はうまくいかなかったようです。)
 他の調査候補地でも同様なのですが、バルセロナでもNPOと行政との関係
性が注目に値するものと考えています。指導教官と数度の話し合いを行い研究
計画の方向性も定めましたので、これからはどんどん文献と人に当たっていき
ます。まずは前回ご紹介したハンブルクの概要、環境政策の歴史、主要アクタ
ーについてのインタビューを始めています。次回からはその経過を含めてご報
告する予定です。

参考資料)
1.「Barcelona and the Power of Solar Ordinances: Political Will, Capacity
Building and People's Participation」J PUIG, “Urban energy transition:
from fossil fuels to renewable power” P433-447
2.「物語 カタルーニャの歴史 知られざる地中海帝国の攻防」田澤耕著中公新書

                     山下紀明(ISEP主任研究員)
4.ルンド大学IIIEE留学記 第1回
               ルンド大学IIIEEとルンド市について
                      澤木千尋(ISEP研究員)

 8月よりスウェーデン ルンド大学IIIEE(The International Institute
for Industrial Environmental Economics)修士課程で環境政策学を学んでい
ます。私が履修しているEMP(Environmental Management and Policy)プロ
グラムは2年間で、最初の10ヶ月間をインターネットベースで、残り12ヶ
月をルンドで行います。そのため、8月までは日本においてISEPで活動し
ながら履修し、今月からルンドで生活を初めました。
* ルンド大学IIIEEについて、SEEN No.55(8月12日発行)
「4.自然エネルギー政策研究・実践のコミュニティ」においてオルボー大学
の古屋さんが丁寧に解説して下さっています。
http://isepseenarchive.blog88.fc2.com/blog-date-201008.html

■ルンドでの生活
 日本ではまだままだ残暑が厳しいようですが、ルンドの気候は涼しく、朝や
夜は寒いくらいで、日本の10月下旬と同じくらいです。
 ルンドはいわゆる学生の町で、ルンド大学の本部や各学部の建物が町全体に
点在しています。ルンド大学は創立1666年とスウェーデンで2番目に古く、
4万人を越える学生が在籍しています。また、留学生が多く様々な国籍の学生
がいますが、残念ながら日本人はあまり見かけません。
 ルンドでの生活で驚いたことの1つが、ペットボトルや空き缶をスーパーに
持って行きリサイクル用の機械に入れると、その分のお金が貰えるということ
です。1.5~2リットルの大きめのペットボトルは1本が2スウェーデンク
ローネ、空き缶は1本0.5スウェーデンクローネです。ペットボトル/空き
缶を入れた後、機械からレシートのようなものが出てきてそれをそのスーパー
で会計の際に出すと、その分が割引されるというシステムです。
 現在1スウェーデンクローネ派12円程度ですから、少し溜めてリサイクル
すればすぐに100円程度の割引となり、大変お得感があります。知人による
と、週末になると子供達がお小遣いのために空き缶がないか聞きにくることが
よくあるそうです。リサイクルが市民の直接の利益となるということは、リサ
イクルを初め環境に良いことが利益に繋がるという感覚を持つために効果的な
のではないかと感じました。

■大学での生活
 私の所属するEMPプログラムは今年で16期目となり、クラスメイトは
25人、国籍や年齢、社会経験や学歴も様々です。授業は毎日朝8:15から
夕方17:00まで行われ、多くの課題が出されます。課題の中にはグループ
で取組むものも多く、コミュニケーションがより重視されています。
 先週には、Kullenという森で2泊3日の研修が行われました。自然の中でリ
サイクルやエネルギーについて教授と議論し、夜は教授も生徒も皆でお酒や音
楽を楽しみ、生徒同士はもちろん教授とも関係性を深めることができ大変有意
義なものでした。
 さらに来週は"The meat chain exercise"として、1泊2日で飼料生産会社、
食肉加工会社、農場、そしてバイオガス施設を訪問し、供給プロセスにおける
利害関係や環境、社会、倫理への影響等を学びます。この研修においてもグル
ープでプレゼンを行うという課題が与えられ、共同で作業していきます。
 このように、これまでの授業において、実地での経験やグループにおけるコ
ミュニケーションが重視されることが多く、日本における教育と異なることの
一つではないかと感じました。

 今回は紹介部分が多く、内容が環境政策と関係が薄いものとなってしまいま
したが、今後の連載にあたっては大学で学んだこと等より皆さんにとって有意
義となるものとなるようにしていきたいと考えています。よろしくお願いいた
します。

IIIEEウェブサイト(英語サイト)
http://www.iiiee.lu.se/site.nsf

                      澤木千尋(ISEP研究員)
5.SEEN読者アンケートの結果報告
        古屋将太(Aalborg University, PhD student/ISEP fellow)

今回は、先日行ったSEEN読者アンケートの結果を報告したいと思います。
このアンケートは、ISEPの今後の活動に支援者のみなさまのご意見・ご関
心を反映させることを目的として、8月18日から28日までの10日間、S
EENの読者を対象にインターネットアンケートを利用して行いました。

回答者数は85名で、男女比が8:2、29歳以下=5%、30~39歳=1
9%、40~49歳=32%、50~59歳=25%、60~69歳=12%、
70歳以上=8%でした。

Q1.どのようなきっかけでISEPの活動に関心をもちましたか?(単一回
答)
-新聞、雑誌、テレビ、ラジオ等のメディア=18%
-公開シンポジウム=13%
-書籍=2%
-ISEP発行物=5%
-ISEP関連団体を通じて=14%
-ISEP関係者を通じて=18%
-インターネットでの検索=13%
-その他=18%

Q2.ISEPの活動に関連して現在どのようなトピックに関心があります
か?(複数回答可)
-気候変動政策=53%
-自然エネルギー政策=76%
-地方自治体の環境エネルギー政策=53%
-持続可能なエネルギーの金融=40%
-100%自然エネルギー・コミュニティの形成=44%
-自然エネルギーと社会的合意=64%
-エネルギーの効率的利用=48%
-その他=2%

Q3.ISEPの活動を知る上で、どのような方法を利用したいと思いますか?
(それぞれ4段階で一つ回答)
■四半期レポート
-ぜひ利用したい=29%
-あれば利用したい=44%
-利用したくない=12%
-わからない=15%

■年次レポート
-ぜひ利用したい=31%
-あれば利用したい=49%
-利用したくない=9%
-わからない=11%

■公開シンポジウム
-ぜひ利用したい=36%
-あれば利用したい=51%
-利用したくない=2%
-わからない=11%

■座談会・小規模セミナー
-ぜひ利用したい=29%
-あれば利用したい=48%
-利用したくない=8%
-わからない=14%

■ソーシャルメディア(テキスト)
-ぜひ利用したい=18%
-あれば利用したい=29%
-利用したくない=25%
-わからない=28%

■ ソーシャルメディア(動画)
-ぜひ利用したい=21%
-あれば利用したい=41%
-利用したくない=15%
-わからない=22%

以上の結果から、本アンケートの目的であるISEP支援者のみなさまのご関
心を定量的に把握することができました。特にQ3に関しては、ISEPの研
究・政策提言活動の発信のあり方を検討する上で非常に参考になりました。ま
た、自由回答にも貴重なご意見をいただきました。ご回答いただいたみなさま
に感謝申し上げます。

今回このようなかたちではじめてISEP支援者のみなさまの声をお聞きした
のですが、今後もこのような機会をつくり、みなさまのご意見を可視化し、I
SEPの活動に反映させていきたいと思います。

        古屋将太(Aalborg University, PhD student/ISEP fellow)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。