上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1. 風発 「脱石油を宣言した社会」
                       飯田哲也(ISEP所長)

 本稿執筆時にスウェーデンで開かれたバイオマス国際会議に参加したのだが、
参加者が1100人を越える大盛況だった。主催者側の予想の倍、前回(2年
前)と比べると3倍増だという。これまでが北欧で閉じていた感があるのに対
して、今回はオーストリアなど中欧を巻き込んだこと、ペレット会議を並催し
たことなどの成功要因はあるものの、やはり石油への懸念が世界的に高まって
いることが大きいようだ。報告内容もエタノール燃料など自動車燃料系が増え、
北米や南米、中国からの参加者が目立っていた。

 参加者は多いものの、冷静に見れば「学術性のある産業メッセ」に過ぎない
会議なのだが、何とペーション・スウェーデン首相が会議冒頭で挨拶をしたの
である。なぜか。2020年までに脱石油を目指すと宣言したスウェーデンに
とって、バイオマス・エネルギーがとくに重要な役割が期待されているからで
ある。

 ところで、このスウェーデンの宣言は、メディアでもほとんど取り上げられ
ることがなかったため、ここで簡単に紹介しておこう。昨年(2005年)
10月に、ペーション首相は、「スウェーデンは2020年までに石油不要のシ
ステムを作る」と宣言し、12月には首相自らが座長を務め、11人のメンバ
ーからなる「石油依存脱却審議会」を招集した。日本では、およそ想像できな
い状況で、ジョークにすらならないだろう。メディアが取り上げなかったのも、
そのせいではないか。

 審議は継続中だが、石油脱却のための施策は、今後、次々に展開されること
になる。スウェーデンは、石油依存度が約35%と、先進国の中では脱石油が
進んでいる方だ。そのスウェーデンでも、脱石油に向けて輸送燃料の転換は最
大の課題だが、すでにバイオ燃料対応のクルマが全販売台数の1割を越えるな
ど、やはり欧州をリードしている。

 こうしてスウェーデンは、脱原発でも、電力自由化でも、気候変動対策でも、
石油脱却でも、バイオマス利用でも、いずれも理想的とまでは言えないまでも、
少なくとも持続可能な開発に向けて着実に社会変化を積み重ねてきている。逆
送する日本社会との彼我の差は、大きい。

                       飯田哲也(ISEP所長)


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
スポンサーサイト
2.国連・持続可能な開発委員会(CSD)開催-パート3
                      大林ミカ(ISEP副所長)

5月1日から12日までの二週間、ニューヨークの国連本部で開催された第
14回CSDの後半第二週目に参加した。今年と来年は持続可能なエネルギー
と気候変動がテーマである。

今年はレビュー年のため、二週目の火曜日に、翌日から始まるハイレベル・セ
グメント(閣僚などが参加して議論)のために用意された議長サマリーパート
1も、参加国が発言した内容をまとめて記述しただけのものだったが、反面、
言いたいことだけを言っている国々の主張は、自然エネルギーや省エネルギー
の位置づけの低さも浮き彫りにした。ハイレベルセグメントとそれに続いた金
曜日の議長サマリーパート2のとりまとめは、基本的に同じ論調ではあったが、
より持続可能なエネルギーを選ぼうとする意思が強調されており、特筆すべき
は「原子力」という言葉が言及されていないことである。

一方で課題として残るのは、クリーンコール、二酸化炭素の吸収(CCS)な
どの、化石燃料の使用を逆に助長しかねない技術に関する議論である。これに
ついてはNGOの意見も分かれている。あたかも原発推進理由と同じような、
中国を筆頭とした途上国の温室効果ガス削減を達成するためにはこれらの技術
が必要であるとの論調もある。しかし、真に持続可能なエネルギー技術とは自
然エネルギーや省エネルギーであり、すでに目に見える形で貢献を始めている
のである。

ところで、筆者はCSDには初めて参加するのでわからなかったが、海外のN
GOに言わせると、今までのCSDになくエネルギー・気候変動で活動するN
GOたちが国際的に集まってきた会議だったようだ。その大きな理由の一つに、
このCSDが、ヨハネスブルグ地球サミットで始まった自然エネルギーの国際
議論のレビューの場として位置づけられていることがあげられるだろう。

一つ顕著だったのは、今まで別々に活動が行われていたヨハネスブルグからの
三つの流れ:ドイツ政府主宰のボン自然エネルギー国際会議(現在はREN2
1が活動)、EU主宰のヨハネスブルグ自然エネルギー連合(JREC)、イギ
リス政府主宰の自然エネルギー・省エネルギー・パートナーシップ(REEE
P)が、途上国を含めた多国間の自然エネルギー推進の大きな流れとしてそれ
ぞれ相互協力し始めた、ということである。

JRECは、REN21とともにサイドイベントを開催したが、その場で聞い
たところによれば、JRECに参加・非参加に関わらず、メジャーな国々の自
然エネルギー政策の進捗状況についてスタディーを開始することを計画してい
る。また、来年初頭にはベルリンで欧州を対象とした大きな国際会議も予定さ
れている。また、REEEPも、REN21と「reegle」というプロジ
ェクトを開始、ウェブ上で自然エネルギーの情報を集めることができるポータ
ルサイトの運営を始めた??ttp://www.reegle.info)。さらに、今までこれらの
動きに無関心だった日本政府も、JRECのインフォーマル会合にオブザーバ
ー参加するなど、前向きな関心を示している。

また、CSDは交渉ではないことを踏まえた上で、国際議論の流れに政治的に
位置づけようとする、ドイツ政府による提案と戦略も重要なものだった。ニュ
ーヨークでは、ドイツが来年の前半EU代表国となることと来年はG8を主宰
することから、ガブリエル環境大臣と国際環境NGOとのフランクな懇談会が
設けられ、地球温暖化とエネルギー問題についてドイツ政府に期待することを
中心に意見交換が行われた。G8は、昨年のイギリスから地球温暖化に関する
将来枠組みについてのダイアログ(G8と主要途上国5ヶ国が参加)が3年に
わたり毎年一回行われていて、2008年開催の日本へとレポートバックされ
る予定であるため、来年ドイツが強力なリーダーシップを発揮し、議論をまと
めることが大いに期待る。それとは別に、CSDでは、ドイツ政府は、特に自
然エネルギーについて、2010年までの各国の行動計画をレビューしていく
プロセスをCSDの中に設けることを提案しているが、ボンからの流れを絶や
さないためにも、目に見える進捗が各国で達成されるためにも不可欠な提案で
あろう。来年のCSD15で、具体的な取り組みが合意されることを強く願う
ものである。

その他エネルギーを巡る議論で印象的だったのは、バイオ燃料がすでに大きな
エネルギーとして認知され、持続可能な利用を行うための基準作りが各国で急
ピッチで進められていることである。「ピークオイル」についても、「既存のオ
イルのピーク」という言われ方が生まれており、バイオ燃料はすでに新しい“O
IL”の位置づけを占めつつある。一例として、このような議論の中で、今年
の10月、ドイツNGOフォーラム主催で、バイオマスの国際会議が開催され
る。持続可能なバイオマス利用について、持続可能な水力利用について議論し
た世界ダム会議のような会議の発端となれば、ということだ。

今回、日本政府は、全般的にポジティブな対応で、省エネルギーの重要性を強
調する立場で、省エネルギーについてはエネルギー供給事業者とのパートナー
シップも重要であるとしていた。来年のCSDでは、持続可能な自然エネルギ
ー・省エネルギーの推進に、具体的プロセスを確立するために、各国と協働し
て取り組んで欲しい。今後ISEPでは、国会・省庁・NGOの取り組みを活
性化できるよう、働きかけを行っていきたい。

                      大林ミカ(ISEP副所長)


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
3.連載「光と風と樹々と」(9)
       ?出でよ『ウェブ進化論』の自然エネルギー版!! 
                長谷川公一(環境社会学者 東北大学教員)

・構想力と観察力と筆力と

 最近評判の梅田望夫『ウェブ進化論』(ちくま新書、2006年2月刊)を遅
ればせながらとても面白く読んだ。インターネットものの中では出色の出来で
ある。長年のブログ連載を下敷きに新たに書き下ろしたようだが、私には全編
新鮮だった。大きな俯瞰図とデーティルと、なかなか両方で読ませる筆者は少
ないものである。この著者には、構想力と観察力と筆力がある。
 シリコン・バレーの世界の現在のリアリティ、とくにネットの手前にターゲ
ットを置いていた、したがってソフトを売るマイクロ・ソフト帝国のビル・ゲ
イツ的な戦略に対する、ネットの向こう側を制覇しようとするグーグルの戦略
の新しさが説得的に描かれている。マイクロ・ソフトの「古さ」がよくわかる。
本書223頁の図は、ヤフー・ジャパンや楽天も含んで、現在のネットビジネ
スと過去とを、簡明に図示している。

 しかし本書の魅力は、それだけにとどまらない。表面的な現象記述に流れず
に、底流にある根底的な変化を、原理的に記述し得ている。そこが魅力的であ
る。
 
・インターネットの真の意味

つためのコストがほぼゼロになったということである。(略)誰かから一円貰う
コストが一円よりもずっと小さいとすれば、「不特定多数無限大の人々から一
円貰って一億円稼ぐ」ネットビジネスは現実味を帯びてくる。(略)放っておけ
ば消えて失われていってしまうはずの価値、つまりわずかな金やわずかな時間
の断片といった無に近いものを、無限大に限りなく近い対象から、ゼロに限り
なく近いコストで集積できたら何が起こるのか。ここにインターネットの可能
性がある。(同書9-10頁)」 

 インターネットの特性、グーグルの商売の本質を見事に言い当てた記述であ
る。
 むろん、このメールマガジンの場で私が提起したいのは、この発想を、自然
エネルギーに応用したら、どうなるだろうか、という問いかけである。エネル
ギー密度の薄い、資本集約型ではない、自然エネルギーにもこういう側面があ
るのではないか。分散型エネルギーということはもちろん言い古されてきたが、
小規模な太陽電池やバイオマス発電などの意義も、急速に大規模化しつつある
が風力発電の本来の意義も、やはりこういう面にあるのではないだろうか。小
口市民出資の意義も、このような側面にあろう。
 実際、著者は、グーグルがつくろうとしている世界を比喩的に「情報発電所」
と呼んでいる。
 もちろん、自然エネルギーとネットビジネスとの相違を弁別することは大前
提ではあるが。「起業家のエネルギーと技術革新の進行」が、リアル世界の自然
エネルギーとネットビジネスの場合とで、どのように共通の側面があり、どの
ように異なるのかを論じていく必要があるだろう。
 マイクロ・ソフトにしろ、マックにしろ、グーグルにしろ、いずれも最初は
学生がガレージで無から始めた「力の芽」だったのだという。

・「好きで楽しいから」??オープンソースの精神

 「一円も貰わず、ただただ「好きで楽しいから」素晴らしいプログラムを書
く。そんなソフト開発のほうが、一企業の閉じた環境の中で開発されるソフト
よりも遙かに素晴らしいものを生む。」(同書32頁)

 リナックスのようなオープンソースについての記述である。やや美化しすぎ
ているきらいはあるが、企業社会を根底から変える力は、このような精神であ
る。NGO/NPOなどで働く精神も、むろん、ただただ「好きで楽しいから」
という精神である。

・「オプティミズムに支えられたビジョン」

 「シリコンバレーにあって日本にないもの。それは、若い世代の創造性や果
敢な行動を刺激する「オプティミズムに支えられたビジョン」である。」(同書 
246頁)

 まったく同感である。まったくないかどうかはともかく、決定的に日本には
足りない。「オプティミズムに支えられたビジョン」。新聞を見ても、テレビを
見ても、1行もあるかどうか。あなたの周りにありますか。アメリカ社会にい
ろいろ問題はあるが、この200年余りアメリカ社会を支えてきた原動力は、
何よりも「オプティミズムに支えられたビジョン」であることは間違いない。
 233頁には、「日本という国は「いったん属した組織を一度も辞めたことの
ない人たち」の発想ばかりで支配されている」「そのことが日本の将来デザイン
に大きな歪みをもたらしていないか」という一節がある。私自身を含め、確か
にそうだ。
 一度も日本から出たことのない(単なる旅行者としてではなく。本質的な意
味で)、一度も所属組織を変えたことのない人の創る社会は、当然保守的になる
はずである。
 
・「決定力不足」
 アジアの中でも、世界の中でも、たしかに日本人は「個人としての国際競争
力」(232頁)が弱い。個人としての魅力に乏しい。サッカーのワールドカッ
プの「決定力不足」は、日本社会の象徴だ、と前々から私は思ってきた。自己
主張しにくい社会で、自己主張が奨励されない国で、シュート力が伸びるわけ
はないのだ。

・ 原発村の住人たちに読んでほしい本

 電力会社の役員や社員、経済産業省の役人たち、自民党や民主党の政治家達
に読んでほしいのは、こういう本である。そして、もはや原子力の時代ではな
いんだなぁ、こんな文脈においても、という少しだけの想像力である。社会学
では「切り離し戦略」や「やり過ごし戦略」(passing)という。この本の世界
は俺たちとは関係ない、エネルギー産業は、それこそハードでリアルだ、ネッ
トビジネスとは違う、という思考法は、「切り離し戦略」による防衛である。
 このメールマガジンの読者の方々には、こういう潮流をそれぞれの分野でど
う受け止めるのか、を是非考えてほしい。求められるのは、柔らかい感受性と
少しだけの想像力である。

 出でよ!『ウェブ進化論』の自然エネルギー版!! 
 私が期待するのは、この『ウェブ進化論』のいわば自然エネルギー版である。

                長谷川公一(環境社会学者 東北大学教員)


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
4.STOP!ROKKASHO
   アーティストによる、再処理を巡る新しい運動の息吹き!
                      大林ミカ(ISEP副所長)

国際的に活動する音楽家・坂本龍一氏が、サンフランシスコ在住のラッパー・
shingO2氏らとともに、5月17日、team6の名前で「STOP! ROKKASHO」(現時
点では英語のみ)という新しいウェブサイトを立ち上げた。
http://stop-rokkasho.org
今年3月にアクティブ試験を開始し、実質的な試運転に入った青森県六ヶ所村
の再処理工場の危険性を、世界に知らせるための取り組みである。

世界中で急速に拡がりつつある情報ダウンロードシステム「ポッドキャスティ
ング」を利用したもので、アップル社が提供する各国のiTunes Music Store
にバナーが張られている。

サイトのARTセクションでは、トーマス・ドルビー、ミック・カーン、ジャ
スキス・モレレンバウム、近藤等則など各氏著名ミュージシャンの作品やコラ
ボ作が、無料でダウンロードでき、自分でリミックスするための素材としても
提供されている。音楽だけでなく、ビデオ、写真、詩などの文章もあり、坂本
氏の真摯な呼びかけに応えて、世界中から続々と作品も寄せられている。アー
トとしても運動としても、非常に先進的かつ実験的な、面白い試みである。

そして、この動きに応えて、日本でも新しい動きが拡がりつつある。NGOナ
マケモノ倶楽部が企画する一連のイベントがその一つである。6月4日は坂本
氏本人を囲んで「STOP ROKKASHOナイト」が神奈川で開催される(定
員満員により参加〆切済)し、6月9日には、坂本氏は参加できないものの、
多くのミュージシャンやNGOを招いたトークリレーイベントが都内で開催さ
れる(詳細はお知らせ欄参照のこと)。

これ以外にも、今までこの運動に関わってきた人々以外からも、新しいサイト
の立ち上げなどがつぎつぎ予定されていると聞く。日本の再処理工場の運転開
始は、国際安全保障、将来世代にわたる放射能汚染の問題など、単なる日本一
国の原子力政策の遂行にとどまらないものである。新しい拡がりを持った波が、
六ヶ所再処理工場の意味を世論に拡げていくことに大きく期待したい。

                      大林ミカ(ISEP副所長)


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
5.プロジェクトフラッシュ

1)備前のイメージキャラクター『びぜこちゃん』をよろしく
            岡山咲子・井筒耕平(備前グリーンエネルギー)

今、備前のプロジェクトでは、里山のみどりや八塔寺の茅葺屋根をイメージし
たキャラクターが私たちと一緒に頑張っています。このたび、そのイメージキ
ャラクターのネーミングが決定しました。
http://www.bizen-midori.jp/

昨年12月から開始したネーミング募集キャンペーンでは、様々なイベント会
場で名前を募集したり、備前市内の小学校の全児童に応募用紙を配布したりし
て、呼びかけを行ないました。その結果、409人の方から応募があり、「エコ
ちゃん」「エコまろくん」「エネルくん」「環奈ちゃん」「地球まもるくん」「ハ
ートちゃん」「まき太」「まほちゃん」「まもるくん」「みどりちゃん」「ビゼ太」
などたくさんの作品が寄せられました。

まほろば協議会の事務局員による選考で数を絞ったあと、『地域性』『親和性』
『ユニーク性』の観点から審査を行い、さらに5月11日の協議会総会で、役
員による投票で最終決定しました。

最優秀賞:「びぜこちゃん」
優秀賞 :「まほろちゃん」「ここむ(心夢)くん」

最優秀賞に選ばれた「びぜこちゃん」がこのキャラクターのネーミングとなり
ます。この名前の由来は、「備前」のbize、「経済(ビズ)」のbiz、「環境」の
ecoを組み合わせた『bizeco』からきています。備前で展開されているまほろ
ば事業(正式名称『環境と経済の好循環まちモデル事業』)にぴったりの名前と
なり、大変嬉しく思っています。今後は、この「びぜこちゃん」と一緒に広報
や宣伝活動を実施し、より一層まほろば事業が地域に浸透していくように努力
していきたいと思います。

備前みどりのまほろば事業のキャラクター『びぜこちゃん』をどうぞよろしく
お願いします!


++++++++++
2)パネルシアター「おひさまパワーとさんぽちゃん」を上演担当して
   ~長野県飯田市より
                  竹村直子(おひさま進歩エネルギー)

私は三人の子供を持つ、おひさま進歩エネルギーのパートタイムのスタッフで
す。昨年度から、おひさま進歩エネルギー(有)が飯田市内の保育園等に設置
した38箇所の太陽光発電装置(おひさま発電所)を利用した環境教育として、
飯田市内の幼稚園・保育園児を対象にしたパネルシアター「おひさまパワーと
さんぽちゃん」の上演を担当しています。

パネルシアターは、おひさま発電所のマスコットキャラクター「さんぽちゃん」
を主人公とした物語を、大きな紙芝居のような形で上演し、太陽光発電の仕組
み、自然の大切さ、省エネの大切さ等を、わかりやすく園児に伝える内容で、
最後には着ぐるみの「さんぽちゃん」が実際に登場します。今まで27箇所の
保育園で上演し、一回の平均園児数は83人で、何箇所かは参観日に合わせ保
護者の方々も見てくださいました。
(おひさま進歩エネルギー(有)のホームページで映像を公開していますので、
是非ご覧ください)
http://www.ohisama-energy.co.jp/

実はこれまで、観客としてパネルシアターを観たことしかありませんでした。
実際に上演する側になるのは初めてだし、大勢の子供の前で話をした経験が無
いので最初はドキドキしました。しかも年齢不相応の“直子お姉さん”と自分
で言わなければいけないなんて、なんて恥かしいことでしょう(子供達も内心
「えーっ!」と思っていたかも)。

着ぐるみの力は偉大です。パネルシアターには、少し難しいところや言葉が出
て来ます。おひさま発電所になっている園では、“お姉さん”の問いかけに「コ
ンセント」「ソーラーパネル」といった言葉が比較的すぐに出て来ました。中に
は「地球温暖化」なんていう難しい言葉を知っている子供もいました。上演後、
子供達は帰ると家の人に「さんぽちゃんが泣いちゃうで、コンセントを抜いて」
とか、「明るいから、電気は いらんな」と保育士に言ったり、自分でコンセン
トからプラグを抜くなどの行動をしてくれたようです。

上演している私も、以前よりもっと節電を意識出来るようになりました。さん
ぽちゃんのちかいの言葉「要らない電気は使いません」とつぶやきながら、携
帯の充電器を抜いています。子供達の前で言っている以上、有言実行でなけれ
ば意味がありません。以前から、我が家の光熱費を減らす目的と温暖化防止に
少しでもなればと、太陽光発電導入、節水(お風呂の残り湯を洗濯に使う、残
り湯とすすぎの水でトイレを流す、)、節電(主電源を切る、プラグを抜く)、ゴ
ミのきちんとした分別、買い物袋の持参、エコドライブ(マニュアル車)など
実行できる範囲でやってきました。

それなのに、仕事を持つ母親としての毎日の忙しさが仇となって、温暖化に歯
止めを掛けたいという想いとは裏腹に、時間に追われ車の速度を上げてしまい
ます。そんな自分に矛盾を感じているのも事実です。世の中が何十年前とは全
く違って忙しい。車が無かった頃、歩いて行ける範囲で仕事や日常生活のほと
んどが済んでいました。私の住む地域は田舎だし時間に追われて、仕事も買い
物も、子供の塾も何もかもが車でないと行けない所ばかりです。時間に追われ
ているから、手抜きの食事で店の惣菜という時もあり、ゴミも増えてしまいま
す。そのゴミを片付けるにも時間が必要なので、本当に悪循環ですよね。もっ
と余裕を持って暮らしたいと思って、趣味を増やそうものなら更に忙しくなり
ます。風呂の水をバケツに汲んでトイレを流す、そんな時間を使うより車のス
ピードを遅くした方が良いのではないか?とも思います。自給自足の生活をし
ていれば、一番環境に優しいですよね。憧れはありますが、子供と一緒に今更、
その環境に飛び込むには勇気が無いです。生活水準を落とすのは、とても難し
いのです。

私は私の出来ることを少しずつ地道にやっていきます。パネルシアターもその
内の一つということで、これからも、子供達の協力を得られるように頑張りた
いと思います。

++++++++++
3)ISEP・GEN共催シンポジウム
「新しい自然エネルギーを目指して」レポート
                    黒崎一徳(ISEPインターン)

5月25日、2006年GEN(「自然エネルギー促進法」推進ネットワーク)
総会を記念してISEPとGENの共催によるシンポジウム「新しい自然エネ
ルギーを目指して~RPS法改正に向けて~」が開催された。約80名の方に
ご来場いただき、活気のあるシンポジウムとなった。

シンポジウムでは、前半が大野輝之氏(東京都環境局)、レスター・ブラウン氏
(アースポリシー研究所所長)による基調講演が行われ、後半は大野輝之氏、
伊藤吉幸氏(ソニー・ミュージックコミュニケーションズ 常務執行役員)、蟹
江憲史氏(東京工業大学大学院社会理工学研究科 助教授)、竹本徳子氏(カタ
ログハウス 取締役エコひいき事業部長)、西川太一郎氏(荒川区長)によるパ
ネルディスカッション(コーディネータ:飯田哲也氏 ISEP所長・GEN代
表)が行われた。

基調講演では、大野氏より、持続可能な都市を目指す東京都の、都市としての
現状や取り組みの姿勢について、海外の都市の紹介も含めながら説明がなされ
た。また、今年4月に東京都が策定した「再生可能エネルギー戦略」について
の報告があった。
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2006/04/20g43100.htm

一方、ブラウン氏からは、世界的なエネルギー消費の増大という背景をふまえ
て、食糧であり燃料でもある農産物(とうもろこし・さとうきびなど)の話が
あった。また、世界の再生可能エネルギーの動向についても触れ、世界がその
普及に向けて直ちに行動しなければならないというメッセージが発信された。

パネルディスカッションでは、今回の東京都の再生可能エネルギー戦略を題材
に、ビジネス、国際政治外交、地方自治体の政策など様々な立場から意見が交
わされた。

今回のシンポジウムでは、東京都の再生可能エネルギー戦略に対する周囲の期
待の高さがめだった。世界有数の都市である東京の施策が、他の都市に与える
インパクトは、大きなものになるに違いないし、実際にそうした期待の声をパ
ネリストやご来場の方々から直接伺えたのが興味深かった。またこの戦略を策
定した、当の東京都の大野氏の発言の一つ一つが心強く感じられたことも、印
象的だった。

今後の東京都の再生可能エネルギーの施策にしっかりと注目していきたい。


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。